電子書籍プレゼント

ペイフォレックスの海外送金が使いづらくなってしまった


以前からペイフォレックスを通して海外送金をしていたが、送金通貨の取扱いの変更が行われ、改悪と思われる方向に切り替わってしまった。

具体的に言うと、香港向けの送金通貨は日本円のみとなり、ニュージーランド向けの送金も同様の条件が付いた。

マレーシアに関しては、リンギットしか送れなくなってしまった。

これまでのように、ペイフォレックスを通して香港に送金をして、その日本円をHSBC香港の中でUSドルや香港ドルに両替することはできなくなった。

では今後、ペイフォレックスを通して海外送金をする場合で、香港やニュージーランドにお金を送る場合どうするかというと、まずはペイフォレックスの中で両替をしてから、その通貨を銀行に送ることになる。

しかしながら、ここで問題なのは、当然ながら為替レートはよくない点。

例えば同時にペイフォレックスとHSBC香港でレートを見てみた場合、1USドルがHSBC香港では121.10円だったのに対して、ペイフォレックスでは121.65円だった。

もし100万円を海外に送金して両替をする場合であれば、HSBC香港のレートだと、8257.5ドルになるのに対して、ペイフォレックスだと8220ドルと37.5ドルの差になる。

37.5ドルは約4520円ということになるので、元の100万円に対して、0.45%不利という取扱い。

これまでペイフォレックスで100万円を送金した場合は、手数料として3980円がかかっていたが、その送金手数料よりも為替の差の方が大きいことになってしまう。

そこで考えたのは、一旦他のHSBCの口座に送金をし、グローバルビューの機能を使ってHSBC香港に日本円のままで資金を移して、そこで両替をする方法。

HSBCマレーシアについては、リンギットしか送れなくなってしまっているので、この方法をHSBCフィリピンで行うことにした。


有利な為替レート実現のため、HSBCフィリピンを利用

私が開いていたのは元々のペソ口座だけではなくて、USドルと香港ドルを追加していたが、日本円の口座はなかった。

そこで、インターネットバンキングに接続をし、その中でメッセージを送ったところ、数日後に日本円口座の開設が完了したという報告がきた。

これによって、まずはペイフォレックスの日本の口座に、日本の国内銀行からお金を送り、そこから日本円のままでHSBCフィリピンに送金して、着金後にグローバルビューを使ってHSBC香港に資金を移動。

後はその時々のタイミングで香港ドルやUSドル、あるいはその他の通貨に両替をしたり、他の国に送金したりすることができる。

なお、ペイフォレックスの口座は、以前は三菱東京UFJ銀行のものもあったが、こちらは廃止され、現在はみずほ銀行とジャパンネット銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の4つが利用可能。

まずは一旦こちらにお金を移してから、海外送金を行うという流れになっている。

HSBC香港の場合はこのようなこともできるが、メインバンクが香港の他の銀行だとかなり困るところ。

また、HSBC香港をメインバンクにしている場合であっても、原則としてHSBCフィリピンは、不動産投資をするとか、ビザを取るとか、あるいはフィリピン居住者でないと、口座の開設ができないのが、基本的な対応ということになる。

実際には抜け道もあるものの、原則論としてはそのようになっているので、フィリピン経由での送金は誰でも簡単に出来るわけではない。

同じHSBCであっても、国によって口座開設をほとんど認めてくれない場合もあれば、ノーチェックに近いくらい簡単に開ける場合もあったりするので、そこら辺は国ごとの姿勢の差が激しい。

私自身も30分もかからずに簡単に口座を開設できた国もあれば、アメリカのように粘ってもどうにもならなかったケースもある。

今後の送金のことを考えると、香港以外にプラスでもう一つ口座を開設しておくのも、一つの方法だと思う。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事