電子書籍プレゼント


『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

ペイフォレックスの海外送金が使いづらくなってしまった

以前からペイフォレックスを通して海外送金をしていたが、送金通貨の取扱いの変更が行われ、改悪と思われる方向に切り替わってしまった。

具体的に言うと、香港向けの送金通貨は日本円のみとなり、ニュージーランド向けの送金も同様の条件が付いた。

マレーシアに関しては、リンギットしか送れなくなってしまった。

これまでのように、ペイフォレックスを通して香港に送金をして、その日本円をHSBC香港の中でUSドルや香港ドルに両替することはできなくなった。

では今後、ペイフォレックスを通して海外送金をする場合で、香港やニュージーランドにお金を送る場合どうするかというと、まずはペイフォレックスの中で両替をしてから、その通貨を銀行に送ることになる。

しかしながら、ここで問題なのは、当然ながら為替レートはよくない点。

例えば同時にペイフォレックスとHSBC香港でレートを見てみた場合、1USドルがHSBC香港では121.10円だったのに対して、ペイフォレックスでは121.65円だった。

もし100万円を海外に送金して両替をする場合であれば、HSBC香港のレートだと、8257.5ドルになるのに対して、ペイフォレックスだと8220ドルと37.5ドルの差になる。

37.5ドルは約4520円ということになるので、元の100万円に対して、0.45%不利という取扱い。

これまでペイフォレックスで100万円を送金した場合は、手数料として3980円がかかっていたが、その送金手数料よりも為替の差の方が大きいことになってしまう。

そこで考えたのは、一旦他のHSBCの口座に送金をし、グローバルビューの機能を使ってHSBC香港に日本円のままで資金を移して、そこで両替をする方法。

HSBCマレーシアについては、リンギットしか送れなくなってしまっているので、この方法をHSBCフィリピンで行うことにした。


有利な為替レート実現のため、HSBCフィリピンを利用

私が開いていたのは元々のペソ口座だけではなくて、USドルと香港ドルを追加していたが、日本円の口座はなかった。

そこで、インターネットバンキングに接続をし、その中でメッセージを送ったところ、数日後に日本円口座の開設が完了したという報告がきた。

これによって、まずはペイフォレックスの日本の口座に、日本の国内銀行からお金を送り、そこから日本円のままでHSBCフィリピンに送金して、着金後にグローバルビューを使ってHSBC香港に資金を移動。

後はその時々のタイミングで香港ドルやUSドル、あるいはその他の通貨に両替をしたり、他の国に送金したりすることができる。

なお、ペイフォレックスの口座は、以前は三菱東京UFJ銀行のものもあったが、こちらは廃止され、現在はみずほ銀行とジャパンネット銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の4つが利用可能。

まずは一旦こちらにお金を移してから、海外送金を行うという流れになっている。

HSBC香港の場合はこのようなこともできるが、メインバンクが香港の他の銀行だとかなり困るところ。

また、HSBC香港をメインバンクにしている場合であっても、原則としてHSBCフィリピンは、不動産投資をするとか、ビザを取るとか、あるいはフィリピン居住者でないと、口座の開設ができないのが、基本的な対応ということになる。

実際には抜け道もあるものの、原則論としてはそのようになっているので、フィリピン経由での送金は誰でも簡単に出来るわけではない。

同じHSBCであっても、国によって口座開設をほとんど認めてくれない場合もあれば、ノーチェックに近いくらい簡単に開ける場合もあったりするので、そこら辺は国ごとの姿勢の差が激しい。

私自身も30分もかからずに簡単に口座を開設できた国もあれば、アメリカのように粘ってもどうにもならなかったケースもある。

今後の送金のことを考えると、香港以外にプラスでもう一つ口座を開設しておくのも、一つの方法だと思う。


海外に移住するのは本当に難しいのか?

日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ




よく読まれている記事