クアラルンプールの電車の治安をマレーシア在住者が明かす


マレーシアの他の街と比べた
クアラルンプールの長所の1つは電車があることで、
交通事情が明らかに勝っている。



ペナンもマラッカもジョホールバルもイポーも
車社会で基本的にはタクシーを使っての移動となる。

初乗りが100円未満と料金が安いのは魅力だが、
暴力的な脅しも含めたトラブルも多いのが
マレーシアのタクシー事情。

とにかく運転手が荒っぽく、
一般に危険とされるベトナムやインドネシアよりも
よほどタクシーがらみの問題が多いのではないかと
現地に住んでいて日々痛感させられる。


クアラルンプールもこの点については例外ではないが、
スカイトレインと地下鉄が通っているため、
電車移動を基本にすればストレスと危険を
遠ざけることが可能。

年中最高気温が30度を越えるマレーシアでは
長々と外を歩くのは熱中症のリスクもあるし、
タクシーに乗ればトラブルが待っている。

前門の虎、後門の狼と言うべき状況下で
路線がそこまで充実していないにしても
市内交通として電車が走っているのは嬉しい。


ただし、マニラやジャカルタのように
新興国の中には外国人が安心して乗れない電車もある。

クアラルンプールの電車は安全なのか?

幸いなことに常識的な注意さえしておけば、
外国人が乗車してまったく問題ない。

これは地下鉄もスカイトレインも同様。

タクシーに乗るほうが何倍も危険にさらされる。


東南アジアの中で言えば、
車内の清潔度、安全度はシンガポールとバンコクが突出し、
クアラルンプールはそこに続くという扱いだろう。

日本で使わなくなった車両を再利用し、
駅も暗くて不穏な空気が漂うマニラやジャカルタよりは
ずっと安全なのは間違いない。


先進国でも地下鉄が危険な街は多く、
ニューヨークやワシントンDCは有名。

それらの街でも地下鉄を利用したが、
これならクアラルンプールの方が治安が良いと肌で感じた。


スリへの注意は必要なので、
持ち物を盗まれないように気をつけておく必要はあるが、
それ以外に特別な警戒が求められるレベルではない。

乗り方も特殊な方式があるわけではなく、
駅の自販機で切符を購入して自動改札を通るだけ。

日中なら数分に一本程度の割合でやって来るので、
時刻表をチェックする必要もない。


以前と違ってKLセントラル駅からクアラルンプール国際空港まで
KLIAエキスプレスによる移動もできるようになった。

旅行者にとっては、
空港に着いたらKLIAエキスプレスに乗り、
KLセントラル駅で地下鉄やスカイトレインに乗り換えて
ホテルまで移動ということが容易になっている。

タクシーが手軽とは言え、
何をされるかわかったものではないことを考えると、
不安なく乗れるのはやはり電車。

これはマレーシアにおいては鉄則。

タイやシンガポールでタクシーに乗るのとは
まったく訳が違うので。

以前にクアラルンプールであった方で、
子連れでタクシーに乗って揉めてきた人がいた。

時間が押した関係でタクシーに乗ったらしいが、
男一人でも危険を感じる事がある状況で
子供を連れた女性がタクシーに乗るのは危険。

その時はスカイトレインの駅まで送っていったが、
基本的にクアラルンプールでは電車を使うのが無難。

海外でのトラブルを
話の種として体験したいというのなら話は別だが。



率直に言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ