電子書籍プレゼント

ウッチの観光名所を半日で回ってきた




ポーランド第二の都市ウッチの観光名所はそれほど多くないし、そもそも見て周る先がピョトルコフスカ通り(Ulica Piotrkowska)とその周辺に集中しているので、半日もあれば十分周ることができる。

と言いながらも、私は特に急ぐ旅でもなかったので、結局6泊して移動日の前日になって、ようやく観光名所らしいところを巡ることにした。

最初の3泊はピョトルコフスカ通りから見て、かなり南方にホテルを取ってしまい、その辺りには見所となるような場所がほとんどなかった。

そちらの方にあるものとしては、PRIEST MILLと、ピョトルコフスカ通りのメインストリートの部分を、さらにずっと南下したところにあるホワイトファクトリーぐらい。

それ以外は、公園が点在していて、そういった意味では環境はいい。

ただし、鳩の死骸をサッカーボールのように蹴りあって遊んでいる高校生ぐらの若者がいたり、目をぎょろぎょろさせて意味不明のことを話しかけてくる40歳ぐらいの男がいたりと、ウッチはポーランドでも治安が良さそうな感じではなかったし、正直長く滞在したいと思うようなエリアではなかった。

ただし、ウッチもメインストリート周辺は非常に雰囲気は良く、北の方にあるマヌファクトゥーラという繊維工場の跡地を利用して作られているショッピングモールの周辺は、とても居心地のいい場所だった。



ウッチ観光の目玉、マヌファクトゥーラ

マヌファクトゥーラは、ウッチの観光ではメインスポットと言ってもいい場所。

19世紀にユダヤ人の実業家である、イズラエル・ポズナンスキーが建てたもので、今現在ではショッピングモールの他に、レストランやホテル、博物館、シネマシティという映画館、劇場などが入っている。

中庭部分には砂が敷き詰められていて、ビーチバレーができるスペースがあったり、デッキチェアでのんびりと寝そべることができるようになっている。

ブロツワフでも同様の光景をもっと小さな規模で見たが、ポーランド人は、海や砂浜への憧れが強いのかもしれない。

マヌファクトゥーラの周辺には、イズラエル・ポズナンスキー・パレスと呼ばれる立派な建物があり、美術館も建てられている。

ちょうど昼時にマヌファクトゥーラに行ったので、そこでランチを取ることにした。

ポーランドはピザが美味しいので、ピザローマとビールを頼むことにした。

それから一通り、ショッピングモールの中を周ろうと思ったが、思いのほか広く、一部だけを見るに留めた。

そしてそこから、ピョトルコフスカ通りに戻るのだが、その途中にある広場というか、ロータリーのところには、立派なモニュメントも飾られており、そこそこ大きな教会も立てられている。

こういったものを見てから、ピョトルコフスカ通りのメインの部分を南下していったが、何かのイベントがあったのか、巨大な馬の模型がパトカーに前後を挟まれて先導されて、メインストリートを北上していく場面に出会った。

ここしばらくウッチに滞在して、初めて目にした光景だった。

結局、ウッチの本格的な観光は、4時間ほどで終了。

一旦ノボテルに戻って昼寝をした後、再びピョトルコフスカ通りに戻ってきて、カフェでいちごムースのケーキを食べた。

夜は久しぶりに米を食べたくなったので、トルコ料理の店でラム肉と野菜と味付けされた米のプレートを頼んが、どうもラム肉がなかったのか、なぜかチキンがいいか、黒い肉がいいかと言って、左の脇腹の辺りを指さしてくる。

最初は肝臓のことを言っているのかと思ったが、それにしては左脇腹は場所が違うし、よくわからないので、とりあえずチキンを注文した。

そして、ウッチでの最後での夜だったこともあってか、無性にビールが飲みたくなり、最初は500mlのHARNAS (ハルナス)というビールを頼んだが、それだけでは足りなくなって、その後もう一度同じ量の別の銘柄のビールを注文することにした。

確か、Tyskieというビールだったと思う。

結局合計1Lのビールを飲んで、かなり酔ってしまっていたが、ポーランドにいるうちに髪を切りたいと思っていたので、ピョトルコフスカ通りのメインストリートの部分を南下しきった後に、左手に出てくるギャラリアウッチというショッピングモールの中の地下1階にある美容院で、髪を切ってもらった。

ブダペストではひどい出来だったので、少々不安ではあったものの、こちらの店は腕が確かで、特に問題なくすっきりした髪型にしてくれた。

これで明日はウッチを離れ、今回の東欧(約85日の旅)を締めくくるワルシャワに移動することになる。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ