電子書籍プレゼント

マカティのパセオハイツのモデルルームを視察


マニラに移住してきた理由の1つに、
投資視察をするのに都合がいいということがある。

その前に住んでいたジョホールバルにしても
まさに世界中からお金が集まっている場所だったが、
マニラもまた経済成長が続いている街。


そんなわけで、モデルルームを街中で見かけることも多いし、
不動産のパンフレットをショッピングモールで
配っているのはいつもの光景。



今回はフィリピン・マカティエリアにある
パセオハイツのモデルルームを見てきた。



事前に調べて気合を入れて行ったわけではなく、
夕食に出た時に普段と違う道を通ったら
たまたま見かけたのでチェックしてみることにした。

このレベルで現地の様子を知ることができるので、
経済成長まっただ中の街は面白い。



コンドミニアムのフロントを通ってモデルルームを見ると、
スタジオタイプの部屋になっていた。


フロントの様子


スタジオタイプの部屋、カーテンの向こうにベッドがある


実際のパセオハイツには2ベッドルームの部屋もあるが、
モデルルームは30平米のスタジオタイプのみ。

金額は420万ペソから450万ペソ。

日本円で1000万円程度になる。



フィリピンの中でもグレードは高いし、
7階にはプール・ジム・サウナが付いているが、
マニラのコンドミニアムも着々と値上がりしている。

かなり手狭な感じはしたものの、
一人暮らしならとりあえずはありかと思う。


ただ、ほとんど家具は付いておらず、
洗濯機と冷蔵庫ぐらいはあるものの、
シャワールームの仕切りの板をはじめとして
ほとんどのものは付いていない。

実際に購入するとしたら、
モデルルームとはかなりイメージが違う部屋になりそうだ。



ハセオハイツはレガスピビレッジに位置し、
リトルトーキョーにも徒歩5分ほど。

立地の面ではとても価値が高い。

サルセドビレッジよりもレガスピの方が住みやすいと個人的に感じるが、
その中でも食事に出るには便利な場所だった。

購入したいとは思わなかったが、
なかなか悪くないのではないかと感じた。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事