フィリピンの不動産投資にみる実態経済とバブル


フィリピンの不動産投資はすでにバブルの時期に入っていて危険だという警鐘が、一部で鳴らされている。

確かに各国で金余りの状態が続いていることによって、そこから資金が新興国に流れフィリピンというのは、その受け皿の中でも代表的な国のひとつとなっている。

では、実際にこの国で不動産投資をする時期がすでに終わってしまったのかというと、私はそうは捉えてはいない。

そもそも日本のようにほとんど勝ち目のない市場というのもあるわけで、その中でもごくごく一部の人に限っていえば、継続的に不動産投資で優秀な成績を収めることができている。

インカムゲインにしてもキャピタルゲインにしても、利益を出せる人というのは日本国内でもいるわけで、あれだけ衰退している市場においても、価値が拾えるということで考えるとフィリピンの市場というのはまだまだ成長性は高い。

バブルというのは、実態経済から離れて、ある意味でマネーゲームの様相を呈している状態のことをいうわけだが、そういった要素がフィリピンにおいてみられないわけではない。

特にマカティであるとか、グローバルシティのような一部の高級住宅地というのはその傾向が顕著で、かなり値上がりしてしまっているという印象はあるものの、それでも一等地において1000万円以下で部屋を買うということも可能なわけだし、しかもこの部屋というのも、ぼろぼろのアパートととかではなくて新築のコンドミニアムで、なおかつプールやジムがついているというのがごく標準的なので、かなりアメニティの部分というのも充実している。

こういった高級物件を1000万円以内で買えるということを考えると、先進国に比べればまだまだ割安感はあるわけだし、一時的に経済が停滞したりあるいは短期的な経済の下落があったとしても、人口が増えていてなおかつ経済が発展しているフィリピンにおいて、長期的にみれば値崩れしてからもしっかりと元の値段以上に戻っていく可能性というのはかなり高い。

少なくとも日本の市場において不動産投資を行ってプラスの結果を出すよりは、はるかに簡単であるのは間違いない。

いってみれば、今までが余りにもイージーモードで進んでいただけでそれがある程度まともなレベルに戻っているというだけなので、プロの投資家であれば、今の状態を見てあっさりと撤退をするというのは情けないのではないかと思う。

逆に言えばアマチュアでもとりあえずフィリピンに不動産を買っておけば儲かるという時代が終わったというのは事実なので、良く調べもしないで購入するということはやめたほうがいい。

私もこちらにきてからモデルルームをみてまわったり、あるいはショッピングモールでよくコンドミニアムの販売というのをパンフレットを持った人がやっているので、そういった話を聞いてみたりして投資家としての見識をより高めるようにしている。

その結果、一つの結論として考えているのは、やはり本当に一等地に購入をするというのが重要で、その一つがマカティやグローバルシティのようなマニラの中でも先進的な地域に購入するということ。

そしてもう一つは、リゾート地、例えばパラワン諸島であるとか、ボラカイ島のような先進国の人間がお金を落としてくれるような、そういった世界の中で見ても一流のリゾート地に土地やコンドミニアムを購入するのがいいのではないかと思っている。

バブルであるとか、金額が高騰しすぎているという指摘もあるものの、こういったところであればまだまだチャンスが眠っているのがこのフィリピンという国だと思う。


よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転



メールアドレス
執筆者、伊田武蔵
伊田武蔵プロフィール
最近の記事
記事一覧

ページの先頭へ