電子書籍プレゼント

世界中に仮の自宅を持つ構想



今はフィリピンに拠点となるコンドミニアムがあるが、
別に私は一箇所に定住したいわけではない。

部屋を借りようと思えば1年契約になるし、
その国を知るにもちょうどいい期間なので
1年を目安にしているだけ。

もっと短期間で世界を転々としてもいいと思っている。


ただ、いくつも部屋を借りておくというのは
メンテナンスも大変だし、費用もムダにかかる。

それならホテル暮らしの方がいいのだが、
今度は荷物を置いておけない。

自宅が世界中にあれば便利そうではあるが、
コストも手間もかかって現実的ではない。



そこで、ふと思いついた。

人の家に泊めてもらえばいいのではないかと。

私のやっている世界4大自由倶楽部の返信を見ると、
日本だけではなく各国に住んでいる人が多い傾向にある。

そして、食事をおごるからとか、
街を案内するから来てくださいというメッセージを
もらうことも多い。

もう一歩進んで、
泊めてもらえるぐらいの関係になれば
世界中に自宅を持っているのと同じことではないかと。


単純に親しくなるだけでは難しいかもしれないが、
泊まっている間にはビジネスの話もできるわけだし、
そこに価値を感じてもらえば可能なこと。

これはwin-win。


私としては荷物を置かせてもらったり、
泊めてもらうこともできるわけだし、
相手としても無料でコンサルを受けられる。

こういう形があってもいいかもしれないと思った。



ただ、決定的な問題が発覚した。

私は人と同じ屋根の下で寝るのが苦痛。

泊めてくれる人がいたとしても、
確実にホテルに泊まることになる。

空いている部屋があったとしても、
家の中に人がいるのが気になって仕方ない。


こうして人の家を渡り歩く計画は
実行に移すまでもなく頓挫した・・・。



ただ、お金以外の部分で
お互いにメリットを与えあう関係というのは
なかなか面白いのではないかと。

今後、何らかの方法で形にできたらと思う。



PS.
フランスの城が意外に安いという話が。

これも住んでみたら面白そう。


どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

下見なしでの海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて生活。

その後、各国を周りながら
1年半のホテル暮らしを経験。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザを取得済み。

8カ国に資産分散。

海外を活用しながら
住みたい街に住む生活を実践中。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事