電子書籍プレゼント


『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

優等生から社会不適合者に


おとなしい性格と事なかれ主義の結果として、
子供の頃は優等生とみなされることが多かった。

たしかに問題行動をするわけでもなく、
学校側から見れば扱いやすい生徒だっただろう。

そんなわけで、
小中学校時代は学級委員をやっていたこともあるし、
優等生タイプの生徒だった。

中学時代は途中まで真剣に勉強してみたこともある。

中2の秋という何とも中途半端な所で挫折したのだが・・・。

そんなわけで、
親や担任の高まる期待をスルーして2流の公立高校に進学した。

高校では1人も友人がいなかった。
いじめられていたとか、
無視されていたわけではない。

話しかけられることもあったし、
そうした時には普通に受け答えもしていた。
が、友人はいなかった。

私は休み時間になるたびに、
屋上の前にある踊り場で時間をつぶしていた。

そこなら誰も来ない。

高校という人間関係の密度が極度に高い場所において、
唯一安らげる場所だった。

教室の中では1人でいること自体が異常なことで、
針のむしろのようだった。

高校時代、基本的に行事の日は個人的に休日にしていた。

文化祭も体育祭も修学旅行も1通り休んでいたのだが、
出席日数の関係で体育祭に出たことがある。

悪夢だった。

自分が出ない競技が行われている間、
競技が行われているグラウンド周辺に集まる生徒の輪を尻目に、
1人で座っている。

広い場所に1人でいるのだから、当然目立つ。

1日中地べたに座り、腰は痛むし胸は痛むし、
やはりサボるべきだったと判断の甘さを悔やんだ。

体育祭は高校の外のグラウンドで行われたので、
終了後には着替えに高校に戻るのだが、
友人のいない私は誰も戻ってきていない無音の校舎で着替え、
どうやらまだ誰もやって来ていないうちに後者を後にした。

別に急いでいたわけでもなく、私
としては普通に帰っただけなのだが・・・。

体育祭の日のみに限らず、
高校時代は日頃から帰宅部のエースといっても過言ではない活躍を
見せつけていた。

誰に見せつける気なのかはまったく検討がつかない。

授業が終わってすぐに帰るのはもちろん、
卒業式の日も式が終わり、
教室で卒業証書の配布等が済んだ瞬間にそそくさと帰った。

下駄箱に設置された上履きを捨てる用の袋が空だったので、
卒業式でも他を寄せ付けない強さを示したことになる。

帰宅部としては全国大会レベルだっただろう。

高校時代は、
優等生から周囲に馴染めない社会不適合者に
華麗な転身を遂げた時期だった。




プロフィール第2話:淡いというより薄い大学生活


海外に移住するのは本当に難しいのか?

日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ




よく読まれている記事