電子書籍プレゼント

タイ・バンコクで蟹カレーの店ソンブーンに行ってきた




ホアヒンからバンコクに戻ってきて、インターコンチネンタルホテルにチェックインをした後、MRTのフイクアン駅に向かった。

そこで合流したのはホアヒンへ一緒に行った友人と、バンコクで活躍している社長で、3人で食事をとることにした。

訪れたのは蟹カレーで有名なソンブーンで、店内には小泉元首相の写真も掲載されていた。

ソンブーンの前を何度か通ったことがあるが、あまりにも店内が混んでいて、そこまでの人気店だとは思わなかったので驚いた。

バンコクで社長を務める友人が色々と注文をしてくれて、メインである蟹入りのカレーや、トムヤムクン、きのこと海藻のスープ等を食べることができた。

この日は4時間かけてホアヒンから戻ってきたので、車酔いでかなり胃腸が疲れていて食欲がなかったのだが、味のレベルが高いため、しっかり食べることができた。

明日はバンコクを発って、丸一日かけてブルガリアのソフィアへ移動というところだったので、ここは体力をつけておきたいところ。

美味しい食事に恵まれたのは、とても助かった。

ソンブーンは日本の飲食系の事業をしている社長からも目を付けられていて、日本に持ち込んで展開することも想定されているという。

ただし、ソンブーン側の意向がどうなるかわからないため、もしかすると直営店展開をするかもしれないし、まだまだ先は読めないということだった。

私もバンコクにはたびたび来ているが、そこで事業をしているわけではないし、現地の詳細な情報が入ってくるわけではない。

そういった意味でも、この社長からはいつも色々な情報を教えてもらうことができて、とても助かっている。


■ソンブーン基本情報
住所:13, 167, 167/13 Ratchadaphisek Rd, Din Daeng, Bangkok 10400
電話番号:+6626926850
営業時間:11時~22時
HP:https://www.somboonseafood.com/ja/



明日はバンコクからブルガリアへ

ソンブーンに来るまでに、ターミナル21でソフィアでの防寒用のジャケットも購入しておいた。

向こうがどのくらいの気温かはわからないが、4月の平均気温が15度、最低気温に至ってはさらに下がり10度前後。

3月だと平均気温が4月より5度ほど下がるので、どのくらいの気温なのかがいまいちわからない。

少なくとも、バンコクと同じ服装で行ったら、体調を崩すのは目に見えているので、ギリギリになったがようやく購入することができた。

日本で購入するのと同じぐらいの価格だったので、タイの物価からするといまいち損をした感じはあるが、とにかくソフィアに飛ぶ前に間に合ってよかった。

このジャケットで十分な温かさなのかどうかは、実際ブルガリアまで行ってみないとわからないが、いざとなれば向こうで何かインナーを買うとか、あるいはもし必要であればコートを購入するとか、そういったこともできるので、そこら辺は旅先にて適宜対応していければと思う。

そして、インターコンチネンタルホテルに戻ってから、そのまま部屋に戻って寝てもよかったが、せっかくなので、屋上からどのような夜景が見られるか、確認してみようと上ってみると、屋上のプールが既に閉鎖されていて、入ることができなかった。

しかしながら、部屋が30階近い高さだったので、そこからバンコクを一望しようかと思ったところ、帰りが遅かったため、多くの灯りが消えていて、夜景としてはいまいちだった。

結局チェックインした時に見た光景がインターコンチネンタルからの眺望としては、もっとも素晴らしかった。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事