電子書籍プレゼント

チェンマイの生活費は本当に10万円程度に抑えられるか現地で検証してきた



タイの中でもチェンマイの生活費は安いと言われるし、移住して月に10万円以下で1人暮らしをすることも可能であると、ネット上には情報があったりするが、こういった話は眉唾ものなところもあるので、現地に行って実際に確認してみることにした。

ちなみに新興国は成長を遂げている国なので、ほとんどの場合インフレ傾向にあるし、さらに昨今の円安によって、大幅に日本円ベースでの物価が上がり、生活費も高騰している。

そのため、日本人の感覚で言うと、為替の影響で大きく値上がりしているのと同じことになるので、古い情報があまり当てにならないという問題がある。

例えばバンコクに移住して生活費10万円以下で生活をしようとしたら、不可能ではないものの、かなり節約を強いられることになるし、ちょっとした貧乏暮らしぐらいの覚悟を決めなければいけない。

チェンマイはバンコクの半分ぐらいの物価と言われることもあるが、実際にそこまでの開きがあるのかどうか、現地に入ってリサーチしてみた。


チェンマイの家賃の相場


賃貸コンドミニアムを借りる場合、2万円程度ということもある模様で、ここら辺はバンコクと比べても激安。

ここまで安い家賃は過去の話ではないかという気もしたが、実際チェンマイに入って歩いていると、1泊だけのゲストハウスであっても1000円台の張り紙が出ていたりするので、あながち月2万円という金額も嘘ではないのだろう。

これ以外にも、セミディタッチタイプの1軒屋であれば、月に3万円台でrentに出されていたりもしたし、不動産の所有者には厳しいところだが、賃貸物件を借りて住む人にとっては、大きな朗報となる。

何しろ家賃は生活費の中でもかなり大きな割合を占める項目の一つなので、この部分を節約することができると、コストをかけずに暮らせるようになり、移住や永住のハードルも大きく下がる。


食費もバンコクより安め


チェンマイの屋台で、マンゴーやパイナップル、ドラゴンフルーツやパパイヤ等のカットフルーツを買うと、店によって10バーツから15バーツ程度。

50円ぐらいで買えることになる。

ゆで卵を2個買っても30円程度だし、屋台で食事をしようと思えば、食費を安く抑えることができる。

タイ人はあまり料理をしないというが、それもこういった屋台文化があるからこそ。

ちゃんとしたレストランで毎回外食をするには収入が足りなくても、屋台で食事を済ませてしまえば、非常に安上がりになる。

ただし、日本人がチェンマイに移住して、屋台の食事ばかりで飽きないかというと、それはかなり疑問があるし、ごく一部の人以外には、なかなか厳しい生活だろう。

では外食した場合にどうかというと、チェンマイの和食レストランはかなり相場が安く、90バーツほどで定食を食べられる店もある。

これは飲み物代が別になっているが、90バーツということは、300円台で1食済んでしまうことになる。

この店はかなり特別に安いだけだったので、他の店はもう少し高いが、それでも150バーツぐらいから定食を食べることができ、しかもそれが和食レストランということで、バンコクに比べても半分程度の相場という感じがしている。

タイの中でも、他にプーケットという人気の移住先があるが、こちらはビーチリゾートなだけにバンコク以上に物価が高く、チェンマイからするとやはり生活費は倍ぐらいにはなる。

ちなみにチェンマイで他の国の料理を食べようと思ったら、メキシコ料理店だったらドリンク代込みで1300円ぐらいだった。

イラク料理でもだいたい同じぐらい。


チェンマイの物価はタイの主要都市の中でも安い


生活費で考えたら、家賃と食費を押さえておいたら、かなりの割合をそれだけで把握できることになる。

もちろん子供がいるなら教育費がかかるとか、病気の状態で移住するのであれば治療費がかかるといったこともあるが、そういった特殊な事情がない限りは、この2つの項目を見ておくだけで、だいたいの概要がわかる。

仮に毎日外食して自炊はしないとして、1食の平均を700円とするのであれば、1日あたり昼と夜で1400円。

それが30日で4万2000円。

家賃4万円のコンドミニアムに住むのであれば、家賃と食費の合計が8万2000円ということになるので、雑費が18000円以内に収まるのであれば、10万円以内でチェンマイ生活を送れることになる。

この雑費には、水道、光熱費やインターネット代、携帯代、交通費等が含まれることになるが、浪費しなければ十分に実現可能な金額だと思う。

もちろんそれ以外にゴルフやテニス等のレジャーにお金を使うのであれば、10万円という金額はさすがに厳しくなってくるが、チェンマイの生活費の相場が安いことは、事実であると現地までやってきて、確認することができた。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ