電子書籍プレゼント

マレーシアのスコールの特徴と現地在住者による対処法


塔
東南アジアに特有の急激な豪雨、スコール。

マレーシアでも頻繁に遭遇する。

というより、移住して1週間ほどは毎日必ずスコールに遭ったので、そういうものなのかと思っていた。

ただ、マレーシアでもスコールが多い時期と少ない時期があり、多い時期は週に5日ぐらい。

12月や1月はマレーシアの場合雨季に分類されるが、こちらは短時間の豪雨と言うより、雨が数時間に渡って降り続けることが多い。


問答無用だが短い豪雨

マレーシアのスコールの特徴としては、空が曇っていようがなかろうが急に降り出し、ゲリラ豪雨並の激しい豪雨となる。

まさに土砂降り状態になり、大粒の雨が降る。

持続性はなく、早ければ30分ほどで止むし、2時間も待てばほとんどは終わる。

激しいスコールが降っている時には少し外に出ただけでずぶ濡れになるので、天気が良くても折り畳み傘を常備するか、雨が降り止むまで雨宿りをしているのがベスト。

急がないのなら、カフェかどこかで時間をつぶした方がいい。

昨日は昼食にアッサム・ラクサを食べた後の帰りに豪雨になり、Garage 51というカフェでnutella hazelnutというパフェを食べて、漫画・軍鶏を読みながら暇をつぶしてきた。

この他にも、マレーシアは日本に比べてマッサージが安いので、そういったところで時間を潰すのも一般的。

近くにマッサージが見つからなければ、ショッピングモールの中で過ごす手もある。

クアラルンプールならパビリオンやKLCCもあるので、こういった場所なら天候の影響を受けない。


スコールには抵抗しない

マレーシアに移住してから、天候に無理やり立ち向かうよりも、上手に受け流せるようになった。

なにしろスコールが激しすぎて、太刀打ちできるレベルではないので。

こうした気候のため、たとえ朝は晴れ渡っていたとしても、洗濯物を雨が吹きこむような位置に干しておくのは危険。

スコールが来た時には台無しになってしまうので、マレーシアではベランダの中でも部屋に近い位置に干しておく方が安心できる。

マレーシアに移住してきた当初は、スコールを見て驚いていたが、今では少し不便なぐらいにしか感じなくなった。

空模様や雨足の強さを見て、感覚的に止む時期を予測できるようになってくると、動揺しなくて済むようになる。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事