チェコのビールは異常なほど安い



先程食事をしていたレストランでは、ビールが22コルナ、約100円ということになる。

これで300mlで、しかもスーパー等で買ったわけではなくて、レストランで飲んでいるビールということなので、その時点で異常なぐらいに安いということになる。

更にその後、町中をブラブラと歩いていたら、いつもとは違う道に出て、せっかくなのでそこを散歩していたら、緑が豊な丘の上に出たと思ったら、ポーランドやスロバキアの旧市街のような町並みに遭遇することになった。

結局その後、ホテルに戻る時間ではあったものの、別に制約があるわけでもなかったので、気が向くままに散歩をしていた。

こういった町並みというのは、昼間に見てもいいものの、夜に見ると一層雰囲気がある。

教会には入れなかったのは残念ではあるものの、独特な雰囲気でライトアップされているのを見ることができたのは、昼間ではかなわないこと。

そしてそういったことをしているうちに、トイレに行きたくなったので、とりあえずバーに行って1杯ビールを頼んで、トイレも借りることにした。

ちなみに、そのバーというのが、表には20コルナからビールが飲めるということが書いてあったので、小銭で20コルナを出してみたところ、なぜかお釣りがきた。

どうやら私が注文したのは、表のメニューに書いてあったものよりも、一回り小さいものだったらしく、確かに300mlにしては若干少なめな気がした。

それにしても、バーで1杯ビールを飲んで100円もかからないというのは、もはや異常なぐらいの安さだと感じる。

実際問題として、レストランで見た時にも、500mlのコーラとビールを比べた場合、コーラ方がなぜか30円ほど割高という不思議な現象が起きていた。

コーラというと、原価がほとんどかかっておらず、ただ同然で仕入れることができるということで、様々な業態でドリンクバー等が普及しているが、それ以上にビールの方が安いというのは、さすがチェコならではと言ったところ。

ポーランド等でも安い印象はあったものの、レストランでさすがに100円でビールが飲めるとか、そこまでの状況には遭遇しなかった。

しかもチェコのビールというのは、非常に口当たりが柔らかく、すっと入ってくる。

特に1口目で一気にジョッキの半分ほど飲んでしまうぐらいに、とてもやさしい味になっている。

ここら辺は、シンガポールのタイガービールのように、ガツンとのどごしを強調して、それ以外の味が雑なビールとは一線を画している。

私は、チェコで飲むビールの方が個人的には趣味にあっているので、こちらの生活というのはかなり楽しんでいる。

ホテルのあるブシフラドというところも、かなり風光明媚であるということがわかったので、そこら辺の散歩というのもこれから楽しんでいきたい。


ページの先頭へ