電子書籍プレゼント

アイルランド料理はパブ以外の店ではあまり食べられない



ダブリンに来て感じるのは、アイルランド料理を食べようと思うと、基本的にはパブに行くことになるということ。

それ以外の店であれば、ケバブやピザが多い。

ヨーロッパの特徴として、やはりケバブが多いのはあるものの、それ以外に関して言えば、ファーストフード系は基本的にアジアとそれほど変わらない。

唯一アイルランドらしさがあるとすれば、フィッシュ&チップスの店が比較的多いことぐらいで、こういった店に関しても、ハンバーガーやケバブも出していることが少なくないので、そこまでアイルランドらしさが強めに押し出されているわけではない。

フィッシュ&チップス以外のアイルランド料理を食べたいと思うと、基本的にはそういったメニューを出しているのはパブ。

アイリッシュパブでも、昼間なら別にビールを頼まずに食事だけでもOKだし、ランチメニューを提供している店も少なくない。

実際パブに行ってアイリッシュシチューを食べたり、鮭を日本のように切り身にするのではなくて、むしろ背骨を中心にして切って蒸し焼きにした料理が出てきたり、そういったアイルランドらしい料理を楽しむことができた。

ダブリンで地元料理を食べられる店としては、The Vintage KitchenやKlaw、Arthur's Pubを個人的にはお勧めしたい。








メキシコ料理もよく食べた

その一方で、ちょっとした軽い食事に重宝したのがメキシコ料理で、特に私はナチョスが好きなので、そういったものを食べる機会は多かった。

これはダブリンの話ばかりではなくて、北部にあるベルファーストに行った時も同じこと。

特にベルファーストの場合は、泊まっていたホテルの近くにちょうど良い店があったので、そちらに行くことは多かった。

この店の料理の量はかなり不思議で、ナチョスを頼むと2人前あるのではないかというほど山盛りで出てくる。

牛肉や豚肉を選ぶことができて、若干それによって料金は変わるが、それに加えてソースとしてマンゴーとか、あとはピリ辛のインド系のスパイスとか、そういったものも選べるし、さらにトマトやレタス、チーズ等のトッピングもできる。

だいたい1000円で2人前ぐらいの量が出てくる。

それに対して、同じ店でタコスを頼むと、金額は同じなのに量が半分ぐらいになる。

ここら辺のからくりはイマイチわからない。

ダブリンにおいても、中心部において、メキシコ料理を見つけることができて、なんとなくナチョスが食べたくなったので、そこに入ることにした。

わざわざアイルランドに来てメキシコ料理を食べる必要はないわけだし、こういった店はフィリピンにもあったので、特に物珍しいわけでもない。

しかしながら、フィリピンの時に通っていた店に比べると、かなり具の量もボリュームがあり、ファーストフード的な感じというよりは、本格的な料理としての性質が強いことが特徴。

私としてはアイルランドで食べたナチョスの方が美味しかったし、ダブリンよりもベルファーストの方がさらによかった。

もっとも、店員さんの対応で言うと、ベルファーストよりもダブリンの方が親切だったし、もし仮に通うのであれば、ダブリンの店の方がいいのかもしれない。

アイルランドというと、フィッシュ&チップス以外になかなかパッと思いつくような料理はなかったものの、食事はかなり美味しい国だった。

日本人の味覚からしても、特に違和感なく受け入れられる料理が中心になっているので、その点は旅行者にとっても安心だし、ある程度長期滞在をする場合にも問題ないだろう。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事