日本とアメリカの上位階層の差が思いのほか開いている




先日聞いた話だと、日本の中において、収入が上位10%にあたる層の最低収入というのが、だいたい年収580万円と言われているらしい。

独身女性が結婚相手に求める年収として、1000万円という数字を出すと、批判さえることが多いが、600万円ですらもかなり実現が難しいということを、耳にしたことがある。

上位10%ですら580万円だとすれば、結婚相手として独身男性でそれを達成していて、尚且つ容姿や生格、家族への考え方等がある程度許容できる範囲まで一致しているとなると、尚更困難を極めるのは予想がつく。

更に日本の上位1%にあたる収入というのは、1260万円から1270万円ほどだという。

この数字が本当に正しいのかどうかということについては、若干疑問があるし、特に年収600万円足らずで上位10%に入れるというのは、若干眉唾物な気はするのだが、統計の母数にどこまでを含むのかというところを調整すれば、このような結果になるのかもしれない。

極端な話、全く収入のない子供であるとか、年金暮らしをしている高齢者とか、そういった層まで入れることによって、平均値というのは下がるわけなので、その上であれば580万円で上位10%というのも理解はできる。

ちなみにアメリカにおいては、上位10%にしろ1%にしろ、桁が一つ変わってくる。

ここら辺において、日本とアメリカの経済的な意味での上位階層での格差というのは、広まっている。

また、別のデータでは、世界の中でも富裕層のトップ専任が持っている資産が、ほぼ日本のGDPと変わらなくなっているとか、1200億円以上の資産を持っている大富豪、言い換えれば10億ドル以上の資産を持っている人が、世界には既に1800人以上に上っているという。

アメリカにおいて富裕層と貧困層の、経済格差が激しいというのは、ニューヨークの町を歩いているだけでもすぐにわかる。

ファーストフードでは、1枚100円程度でピザが売られていたりとか、120円ぐらいでホットドッグが売られていたりとか、そういった店も乱立していて、ある意味で言えば、ファーストフードも充実しているが、当然ながら健康的とは到底言えない食事。

その一方で、オーガニックフードの置いてある高級スーパーとか、世界の中でも名店と言われるようなレストランが、いくつも立ち並んでいて、基本的に貧困層がそういった店に入ることはない。

そして、この格差の問題というのは、先進国のアメリカばかりではなく、例えばフィリピンであるとか、タイとかマレーシアとか、そういった国においても、税制や社会システムによって、ごく一部の超富裕層の資産を増やしていくのに、有利にできている。

その為、新興国であっても、トップのレベルのごく一部については、世界的に見ても立地であり、日本のトップクラスと比較しても、見劣りはしない。

そう考えてみると、まだまだ日本というのは、比較的中流階級というのが残っているし、ジニ係数や所得格差の比較を見ても、比較的緩やかな傾向にある。

これについては、賛否両論あるし、今後日本もアメリカ化していくのではないかということは、ずっと言われているが、日本人のメンタリティーを考えると、アメリカのようになるとは考え難いし、むしろ世界の中でもトップレベルと言えるような富裕層が、どんどん新興国から出てくるとは対照的に、その部分での日本の存在感が薄れていくような気がしている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ