タイ人が日本に来る際にビザが不要になった




今月、7月1日からタイ人が日本に来る場合に
わざわざビザを取らなくてよくなったらしい。

これは15日以内の訪問の場合限定なので、
それ以上の期間になる場合にはビザは必要。


日本人の場合、
大抵の国にはビザなしで行けるし、
必要な時も到着した空港で買えたりする。

たとえば、インドネシアに行った時には、
空港でビザを購入した。


フィリピンに移住してきた時にも、
イミグレを通る際に自動で観光ビザが押されている。

21日以上滞在する時には、
これを更新していくことになる。



事前に申請しなくてはならないとなると、
かなり手間だし行く気もなえる。

それだけ観光客の誘致のチャンスを逃すことになるが、
今回のビザ免除の件はタイでも大きく報じられたらしい。


日本人はビザなしでタイに30日まで滞在できるので、
まだまだ日本のパスポートの方が強いことになるが、
タイのようなおだやかな国民性の国は
早く優遇したらいいのではないかと思う。

日本政府観光局の調査では、
2013の5月までに日本に来た外国人は405万人で、
タイ人は約18万人という。

割合はそれほど高くないが、
前年比で52%以上となっていて、
主要な18の市場の中でも伸び率はトップ。

今回のビザ免除によって、
よりいっそうタイ人が日本に来やすくなるのだろう。


ついでにタイも日本人がビザなしで住み着けるほど、
条件をゆるくしてくれると助かるのだが・・・。

むしろ最近の同行としては繰り返しの入国の制限等、
条件がゆるむどころか規制が厳しくなっている感じがしている。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ