電子書籍プレゼント


『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

バンコクのScooziでグラタンを食べてきた



今回はバンコクのエカマイにあるイタリアンのScooziについて。

エカマイの駅を降りると、すでに雨が酷くなっていた。

昔から雨に濡れるのが嫌いだったが、バンコクはその発展ぶりに反して、意外にも治水管理は甘く、すぐに冠水してしまう。

BTSの駅から外を見ていても幹線道路に水が溜まっているのがわかり、下手に歩道を歩くと車に水をかけられかねない状態だった。

ということでゲートウェイモールに行くのは中止にして、駅から直結のメジャー・シネプレックスに足を運び、そこで食事を済ますことにした。

エカマイの駅とゲートウェイモールも2階部分で直結しているのだが、今回出た改札がそちら側ではなく、一度大通りを横断しなければいけなくなるので、そこで不快な思いをするのを避けるため。

そして以前から気になっていた、Scooziという店に入ってみることにした。

こちらはイタリアンの店。

エカマイだけではなく何カ所かにあり、シーロムにも店がある模様。

パスタやピザ、ハンバーガー、ステーキ等があるが、今回妙に気になったのはグラタンだった。

店に入る前はメニューを見て、ピザかハンバーガーの2択で迷っていたが、何年かぶりにグラタンを食べたくなった。

考えてみると海外生活をしているどころか、ヨーロッパにもたびたび行っているのに、グラタンを食べる機会はこれまでなかった。

そして写真を見ると添えてあるパンがおいしそうで、こちらもポイントが高い。

生ハムを含めた4種類のハムが載っているピザも魅力的だったし、Scooziトリプルバーガーというパテが3つ重なっているバーガーもガッツリ食べるにはよさそうだったが、結局どちらも断念してグラタンを注文することにした。

食べてみると、日本風のグラタンとは少し違い、チーズの味が強くややイメージとは異なるものの、これはこれでおいしい。

そしてなによりも期待を裏切らないのがパンで、フランスパンをガーリックトーストにして出してくれるのだが、濃い目の味のグラタンと素晴らしくマッチしている。

昼だったが思わずワインを注文すると、ワインとのマリアージュもよく、今まで店の前を通りながら見過ごしていたのが惜しく思われるほどだった。

友人はイカ墨のパスタを食べていたが、こちらはまあまあという話。

そしてシェアしたシーザーサラダはいたって普通で、可もなく不可もなくといったところ。

全体としての印象としては、Scooziはリピートしてみたい店。

今回は食べなかったが、新作のパンナコッタ系のデザートがおいしそうで、ブルーベリーソースとかチェリーソースがかかっていて、次回行く時はお腹に余裕があればデザートも食べたい。


■Scooziの基本情報
住所:1221/39 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok 10110(BTSエカマイ駅から徒歩3分)
電話番号:+6627142099
営業時間:10時〜22時
HP:https://www.scoozipizza.com/



ひどく降っていた雨も午後には止んで、一度ホテルに戻って昼寝をした後、夜は横浜からやって来ていた知人と合流して、今度はプロンポンのTokyoxxxという焼肉屋に行ってきた。

こちらはA5ランクの和牛を扱っていたり、ドングリで育てた鶏が生んだ玉子があったりと、かなりこだわりの店。

このTokyoxxxも、焼肉を食べたいときにまた足を運びたい店だった。



海外に移住するのは本当に難しいのか?

日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ




よく読まれている記事