プラハの主要観光地を4時間で回ってきた




今回は2度目のプラハ訪問になるが、観光は特にする予定はなかった。

というのも、前回一通り主要エリアは見て回っていたので、今回はただのんびりとすればそれでいいかと思っていた。

しかしながら、昨日までの暑さが嘘のように今日は涼しくなり、空も所々雲がかかって、ひたすら直射日光にさらされていた昨日までとは、若干異なっていた。

晴れているというのは、観光に向いているようではあるが、プラハの日差しはとても強く、あまりにも眩しいのと暑かったので、昨日までは外に出る気があまりしなかった。

しかしこのように気候がいいのであれば、明日は移動日であることもあって、最後のプラハでの1日となるので、もう一度改めて観光に行ってみることにした。

まず、ホテルから中央駅のところに行き、そこからプラハの歴史地区に歩いて行った。

途中ホテルの中で、映画の撮影をしているらしく、撮影によって一時通行が遮断されていたが、止めているスタッフが飲み物を飲みながらというリラックスぶりで、どうも緊張感に欠けていた。

今回は、一つ一つの建物とか、そういったスポット丁寧に見るというよりは、ざっくりと全体的に回るということが目的だったし、特に下調べをしていたわけではなくて、適当に歩いた。

結果として、火薬塔であるとか、金教会、聖ミクラーシュ教会、バーツラフ広場、などを回ってきた。

バーツラフ広場では、火の付いた棒をジャグリングで回したり、ダンスをしたりするストリートパフォーマーもいて、プラハの場合で目についたのは、とにかく観客があまりにも多いということ。

ダンスにしろ、ジャグリングにしろ、50〜60人ぐるりと周りを囲んでいた。

例えば、ロンドンのコペントガーデンなどでも、大道芸人というのは数多く活動しているが、ここまで多くの人に見られているというのは、一部の人気のある人だけで、その点に関しては驚いた。

途中でチェリーのジェラートを買って、食べながら歩き、しばらくしてからガラス細工の店を何軒か見て回った。

プラハというのは、中心部にガラス細工の店がたくさんあって、とても綺麗な場所となっている。

もちろんスワロフスキーの店も出ているし、それ以外のところでも、様々な趣向が凝らされたガラスのアートを鑑賞することができる。

プラハ歴史地区を一通り見て回った後は、プラハ城に行くために、カレル橋を渡って向こう岸に行ったが、その前に旧市街橋塔にも上ってきた。

こちらは高いところから外を見ることはできるが、どのみちプラハ城の辺りというのが高台になっていて、そこから町を一望することはできるので、正直蛇足であった感は否めない。

しかしながらカレル橋は、両サイドにかなりクオリティの高い石造が立ち並び、そこを歩いているのはとても楽しかった。

ブルタバ川というのは、あまり馴染みのない名前の川であるが、とても大きく、プラハを縦断した後、もう少し北の方で東に曲がって、今度は東西に流れている川となる。

カレル橋を渡って、このブルタバ川を越え、丘を登って行くと、やがてプラハ城が見えてくる。

今日は、すでにプラハ城は閉まっていて、中を見ることができなかったものの、他にも聖ヴィート大聖堂とか、ストラホフ修道院、黄金小路、聖イジー教会、王の道などを眺めてきた。

黄金小路というのは、昔錬金術師が住んでいたらしく、錬金術師は金の精製を目指していたので、そこからこの黄金小路という名前が付いたらしい。

ちなみに、この錬金術師の家というのが、妙に天井が低く、おとぎ話の家のようなものも混ざっていて、そこは不思議な感じがした。

帰りは再びカレル橋を渡って、歴史地区に戻り、天文時計を見たりしながらプラハ中央駅の前を横切って、ホテルまで戻ることにした。

実質的なプラハ最後の夜ということで、夜はピザとビールを楽しむことにした。

やはりチェコと言えばビールというところはあるし、明日からはポーランドに移動するので、その前はワインではなくビールで占めたかった。

と言っても、ポーランドもまた、ビールは名産品の一つなので、結局東欧にいる間は、なかなか休肝日を設けることはできない。

しかしながら、アジアに戻れば自然とお酒を飲む機会というのも大きく減るわけなので、しばしの間は、体調管理についてあまり神経質にならないようにしておこうと思う。

それにしても、プラハに来たのは、前回からまだ半年ちょっとしか経っていないが、やはり居心地の良い町という感じがした。

しかしながら、6月の今の時期というのは、日没が遅く、今日は夕方から出て、午後の9時過ぎにホテルに戻ってきて、それでもまだ陽が落ちないという日照時間の長さ。

9時頃になってようやく夕焼けが見れるぐらいだったので、今回の旅で見たプラハの夜景というのは、ホテルの窓から望むものだった。

その点は少々残念で、プラハ城から見る町の夜景であったりとか、逆にカレル橋の東側の歴史地区から眺めるプラハ城とか、あるいは様々な教会や大聖堂などが、街灯に照らし出されるところとか、そういったところも再び見てみたかった気がする。

そういった意味で言うと、同じように気候が良い時期であっても、秋の方が、昼と夜の両方のプラハの顔を楽しむにはいいのかもしれない。

何にせよ最後に、ざっくりと観光をして回れたことは、やはりよかったと思う。

すでに一度見ているとはいえ、再び4時間ほど歩いてでも、観光をして回る価値のある町だという風に改めて感じた。

今回はビシェフラドにも行こうかと思っていたものの、あそこは完全に夜にライトアップされているところを見るのが醍醐味なので、今回はパスすることにした。



メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ