景色抜群、香港・セントラルのIsola Bar & Grillでランチとディナー



香港のセントラル(中環)にあるIFCモール。

その3階と4階にある
Isola Bar & Grillに来るのは2度目だった。

前回はディナー、今回はランチでの利用。


セントラル駅から徒歩4分ほどで、
夜になると途中の夜景も美しかった。



ディナーの時の様子。






セントラル側から九龍を臨む夜景を見ることができた。

この時はテラス席で投資仲間と食事をしたが、
室内の席の雰囲気も良かった。






今回はバンコクから香港へ飛び、
そのまま香港金融のプロ主催の食事会に出席し、
その日のうちに台湾に飛ぶ予定だった。

数時間の滞在の予定だったが、
フライトの時間が18時から朝の7時台に変更したため、
台湾行きは翌日に変更。

おかげでのんびりIsolaでの食事を楽しむことができることになった。


HSBCに用事があったため、
空港にあるHSBCラウンジを訪問。

今回は個室に通された。

問題解決のついでに、
保険やHSBCの金融商品についての話も聞き、
クレジットカードの勧誘を辞退しつつ
無事に用事を片付けてからセントラルへ向かった。



普段はエアポートリンクを使うことが多いが、
待ち合わせの時間まで余裕もあったので
空港からのシャトルバスを使ってみることにした。

香港は二階建てバスの二階から見る景色も面白い。

土地が限られた人口密集地の側面と、
自然豊かな側面と両方を眺めることができる。





うっかり先走って
フェリーターミナルで降りてしまった・・・。

近くなので、そこから歩いてセントラルのIFCモールへ。

待ち合わせ時間の3分前に到着。

主催者の名前で予約を確認すると、
人数を確認するように言われた。

覚えていなかったのでその旨を応えると、
電話して予約した本人に確認するように言われたので、
予約者の名前を確認させてもらった。

微妙に間違って登録されていたが、
それらしき名前を指差すと今回もテラス席を案内された。

4月の香港は湿度が高く、
1年でもっとも暑い時期のバンコクとは違った
まとわりつくような暑さがある。

バンコクの肌を刺すような直射日光と違い、蒸し暑い。

まだ他の参加者が来ていなかったので
念のため室内の席にも空きがあるか尋ねたところ、
6名の席はテラス席しか確保できないらしい。

ランチはビュフェもあり、
スイーツを中心に充実していた。





香港金融のプロと共に食事会参加者が到着し、合流。

ランチビュッフェではなく
単品で注目していくことにした。

Isolaはイタリアンなので、ピザ・パスタ等が主力で、
意外にステーキが美味しかった。

そして、昼から白ワイン・赤ワインをそれぞれ開けてしまった。






天気はあいにく、今にも雨が降りそうだった。

テラス席なので眺めはいいが、
すっきりした晴れを望むことはできず、
むしろ雨が降らないだけラッキーだった。

と言っても、
解散して数時間後にはパラパラと小雨が降っていたが。

曇り空の昼間のIsolaからの景色。




6人でワインを2本空けて、
この日の会計は1人460香港ドル。

これだけ景色が良いレストランであることを考えると、
香港ではかなり手頃な部類。


なお、Isolaでのランチの場合、
コースだと398香港ドル、
ビュッフェのみだと378香港ドルとのこと。

ビュッフェの内容を見た限り、
食べ物よりも景色が金額の主たる源泉になっていそうな気がした。

とは言え、香港の中でも屈指の眺望なので、
セントラルの中でもその意味で価値が高い。

今回の食事会は参加者の半数が日本から来ているため、
Isolaはうってつけだった。


結局、食事会は3時間以上続いた。

仕事を退職したばかりで、
これからヨーロッパへの旅を考えている男性。

メイドの教育に携わることを考えていた女性。

台湾や中国へのアウトソーシング事業に関わっていて
時々現地にも足を運ぶ男性。

日本からも個性豊かな人が参加していた。


そして香港の金融関係の話も確認でき、
またHSBCのクレジットカードの特徴も
改めて食事会の際に確認しておいた。

とりあえず、今の段階ではクレジットカードは見送り。


Isolaでの食事会が終わった後は、
MTRでワンチャイのホテルへ。

フライト変更によって直前になってできた時間を
有効活用するために歩き回ろうと思ったら、
雨が降ってきた。

スーツケースを持って歩いている間に天気が持っただけでも
運が良かったというところか。

心残りはない状態で香港を後にできるし、
次は台湾で部屋の内見を。



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ