電子書籍プレゼント

ブルガリアでのパソコン探しは失敗し、ルーマニアで購入した



ブルガリアのプロヴディフでパソコンを盗まれてから、パソコンショップを探すことになった。

外国人が被害に遭った軽微な事件を、警察が真剣に捜査するとは思えないし、被害届を出したとはいえ、それによってパソコンが返ってくる可能性は皆無に近い。

そこで、盗難にあった翌日、言い換えると、警察に被害届を出したその日から、まずはプロヴディフのパソコンショップを調べることにした。

盗難の際の事情から、明らかに犯人の一味と思われるホテルのフロントには頼りたくなかったので、iPadを使ってGoogleマップでプロヴディフのパソコンショップを調べ、そこを周っていくことにした。

最初に行ったプロヴディフ大学近くのパソコンショップは全く見つからず、中央駅を東の方に行った家電量販店と思われる店はとても小さくて、パソコンは置いていなかった。

そしてそれから、スタジアムの東側の団地の中にある、PIC Computerというところは、名前の通りコンピューターの専門店だが、実際においてあるノート型パソコンは3台ほどで、結局この店も話にならなかった。

仕方がないので、プロヴディフでのパソコンショップ探しは断念することにした。

そういえばもう一つ、教会の近くでたまたまパソコンショップを見つけて、そこはlenovoの3kg以上のパソコンと、Macの2択しかなく、Macを取り寄せる場合は一週間かかるという話だった。

プロヴディフは、ブルガリアの中で人口が2番目の都市なので、次に行くベリコタルノボよりは、町の規模は大きい。

そういった意味で言うと、プロヴディフで適当なパソコンショップが見つからないということは、同じくベリコタルノボでも発見できない可能性が高いとは覚悟していた。

その場合は、ベリコタルノボの次に行くルーマニアのブカレストで、購入するしかないと腹をくくった。


ベリコタルノボでパソコン探し

期待は大きくなかったが、そう簡単に諦めることもできず、ベリコタルノボに到着してから、Yantra Grand Hotelでこの辺りに大きなパソコンショップがないかと質問してみた。

そこで紹介された店に行ってみると、パソコンは3台ほどしかなく、もっと大きなところはないかと聞いたら、テクノマーケットという量販店があると紹介してくれた。

場所を聞いたら、歩いて15分から20分ぐらいということしか教えてくれなかったので、とりあえずタクシーを捕まえて、テクノマーケットという名前だけで行けるかどうか聞いてみたが、あっさりと到着することができた。

そこは、バスターミナルからYantra Grand Hotelに移動する時に見かけていた大きな店で、最初に入った建物には全くパソコンがなく、ガーデニングの道具や洗濯機、日曜大工の工具等しかなく、パソコンは置いてあるかと聞いたら、別館の方にあると言われた。

その別館の方を見に行ったら、確かにこちらは家電量販店になっていて、その一角にはパソコンのコーナーがあり、ノート型パソコンもずらりと並んでいた。

大部分はスペックと共に重さも表記されているので、1.5kg以下のものを探して回り、いくつか候補を絞った。

そして店員が寄ってきたので、これらのパソコンで日本語を使って入力することができるかと聞いてみたが、わからないという。

電源を入れて試せるかと聞いたら、購入しない限り電源は入れられないと言われた。

展示品はどうやら充電されていないらしく、試すことは一切できない。

そして、店員の商品知識もないし、私としても海外で購入したパソコンで、必ず日本語入力が使えるかどうかは確信がなかった。

何しろ機械音痴なので、実際に試してみない限りなんとも言えないし、正直店員の言質だけでは納得できないので、目の前でやって見せてもらうか、自分で試して確認しておかないと、購入するにはハードルが高い。

結局この店では、その部分の信頼を確保することができなかったので、ブルガリアでのパソコン購入は諦めることにした。

本当だったらベリコタルノボには何泊かしたかったが、結局1泊だけで留めることにして、早々にルーマニアのブカレストに向かうことにした。

とはいえ、ブカレストにおいても、スムーズにパソコンが購入できたわけではない。

そこにはまた、ごたごたが待っていた。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事