カナダは食べたい料理が少ない。食事がまずい国との噂は本当!?




オタワ、モントリオール、トロント、バンクーバーとカナダの国内を移動してきているが、カナダらしい料理というものがほとんどなく、何を食べるか常に迷っている。

食事がまずいわけではないが、いまいち決め手に欠ける印象。

今日の昼食はガスパッチョを食べてきたが、こちらフランス製のスープということで、モントリオールがフランス語圏であることを考えると全く関係がなくはないものの、かと言って、それがカナダ料理であるとも言えない。



ガスパッチョ自体は美味しかったものの、冷たいスープなので、すでに体が冷える時期になっているモントリオールにおいては、どちらかというと温かいスープを飲みたかったという思いが残った。

このガスパッチョは基本的にはメロンベースで甘味があり、若干の酸味をそこに加えているメロンであるとか野菜等のスープ。

そこにナンが付いていて、あまり食欲のない今日の昼には丁度いいボリュームだった。

これまでの数日というのを考えてみると、基本的にはトルコ料理を食べたり、ハンバーガーを食べたり、あるいはピザだったりと、全くカナダらしさがない内容となっている。






しかしながら、では何を食べればカナダらしいのかということを考えてみても、せいぜいフィッシュ&チップスとか、あるいはメイプルシロップとか、その程度しか思い浮かばない。

そもそもフィッシュ&チップスは、イギリスやアイルランドから来ているものなので、大西洋を渡る前に本場の向こうの国で食べたからもう十分だし、あまり揚げ物を食べたいとも思わない。まずいわけではなくても、頻繁に食べたいものでもない。

そしてそもそも、カナダに来てからフィッシュ&チップスを売りにしている店というのをあまり見かけないので、こちらでもそこまで人気があるわけではないのかもしれない。

メイプルシロップに関して言うと、もみじ型のボトルに入った観光客向けのお土産は売っているものの、別にそれを買おうとも思わないし、普段の食事の中でメイプルシロップを使った食べ物というのもパンケーキぐらいしか浮かばないので、これも食事として積極的に取り入れるようなものでもない。

ナナイモバーやTim Horton’sのドーナツのように、食事以外の甘いもので名物はあるものの、カナダならではの料理となると思いつかない。


そうなってくると、カナダは様々な国の料理を食べられる反面で、独自性のある食文化が発達しているわけではないということを感じる。

イギリスが食事のまずい国として有名ではあるものの、そこから受け継いだ伝統のようなものをカナダも少なからず持っているような感じがする。

そして、カナダの料理は物価の高さが反映して、ある程度選択肢が広がってくるのは1500円程度からスタートということになるが、そのくらいの金額を出せばそれなりに豊かな食生活が楽しめるということでもない。

なんだかイマイチ栄養が偏っていたりするので、そういった意味で言うと、そこそこの金額でバランスの取れた食事ができる東欧であるとか、ポルトガルの価値がますます価値が高く感じる。

金額で言えば、半分ぐらいでちゃんと肉と野菜が両方とも付いてくるような食生活を送れるので、ハンガリーやポーランドの方が非常に価値的なのではないだろうか。

短期の旅行であればともかく、ある程度の期間住むのであれば、こういった健康への配慮というのも必要になってくるので、そこら辺がカナダに暮らす場合の課題の一つになってきそう。

カナダの料理がまずいということはないが、金額に見合っただけの美味しさとも言い難い。


さらに言うと、食の種類もそこまで豊富な感じがしないので、なんだか粗雑な印象を受けてしまう。

サーモンジャーキーを食べながら、Molson Canadianというビールを飲んだのは美味しかったが、あとはバンクーバーで食べたオイスターやロブスターのように、素材を楽しむだけだった。

ポテトにグレイビーソースとチーズをかけたプーティンも美味しかったが、ジャンクフードの類なので頻繁に食べたいわけでもなく、ヨーロッパからやって来たカナダは食事の面での貧弱さが目立ってしまった。



カナダの街ごとの料理の特色

東西に広い国土を持つだけあって、
街によって食事の内容も違ってきた。

たとえば、最初にたどりついたハリファックスは
大西洋に面している。

それだけにシーフードが豊富だった。



それほど数のいない観光客向けに
カナダでもかなり割高なメニューを提示している感じはしたが。


ハリファックスがカナダの東の端なら、
西の端で太平洋に面しているのがバンクーバー。

こちらもオイスターバーやロブスターのような
高級なシーフードを手頃な値段で食べられる。

料理というよりは、
いかに素材の味を損なわないかが基本。

レモンをかけて食べる生牡蠣は
白ワインとよく合った。

一方、バンクーバーは中国からの移民が多い街でもあり、
中華料理もファーストフードを含めてよく見かけた。

そうした店でも玄米と白米が選べたりするのが
健康志向の高いカナダらしかった。


モントリオールはフランス語圏のケベック州らしく、
フランス料理の系譜を継いでいる料理がやや多め。

と言っても、ヨーロッパほど
豊かな食文化が根付いている感じはしなかった。


ナイアガラ周辺は意外にも
街がアミューズメントパーク化していて、
食べるところもファーストフード気味の店を中心に
バリエーションがそれなりに豊富だった。



入りはしなかったが、
和食レストランも一軒見かけた。


カナダの料理はまずい?


ドイツのフランクフルトからの飛行機で隣になったオーストリア人が、
カナダの料理はまずいという話をしていた。

環境は良いし自然も多いが、食事はダメだと。

彼は50代と思われる男性だったが、
あごひげとお腹に豊かな脂肪を蓄えた人物だった。

なんとなくグルメっぽい佇まい。

フランクフルトからハリファックスに到着した後、
そのままバンクーバー行きの便に乗るらしい。

仕事でバンクーバーとシアトルに行くらしいが、
年に3度はヨーロッパと往復しているということ。

その時に一番残念なのが、料理がまずいという話だった。

ただし、そのオーストリア人の男性が言っていたのは
日常使いのレストランの話で、
高級店のレベルが高いことは認めていた。

「150ドル払って美味しいものを出すのは当たり前」
という条件付きではあったが。

カナダの料理について
はっきりまずいとまでは言わなくても、
いまいちという評判は何度か聞いたことがあった。

隣がアメリカということを考えても、
なんとなく想像はつくところ。

実際に訪れると、
たしかに日常的に行くような店のレベルとしては、
先進国の中ではいまいちという印象は拭えなかった。

特にヨーロッパを周遊した直後だったこともあり、
豊かな食文化が育まれた国を巡ってからカナダに行くと、
料理の印象はいまいち。

まずいとは思わないし、
決して悪いわけではないのだが、
なんだかいまいちという印象は拭えない部分があった。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:世界一周を日常に変える方法

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:パワハラ・リストラからの人生逆転















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ