電子書籍プレゼント

ロンドンのコヴェントガーデンの大道芸を見てきた


雨が降ったり止んだりの天気だったので、コヴェントガーデンに行っても大道芸を行っているかは不確かだった。

いくら現地に行ったところで、中止になってしまっている可能性も十分に考えられる。

以前に住んだマレーシアと違って歩道は整備されているし、イギリスは治安がいいので歩くのは苦にならないが、さすがに雨の日の無駄足は痛い。

私がコベントガーデンに行くのは、あくまで大道芸を見たいからで、ショッピングに行くわけではない。

そんなわけなので、その日に行くかどうかは迷ったものの、すぐ近くの大英博物館で時間を持て余してしまっていたので、一か八か行ってみることにした。

幸い私が歩いている時には雨は一時的に止んでいたので、この調子なら大道芸も再開しているかと思いきや、到着直前に強い雨が降り出した。

これで台無しかもしれないと思いながらも、現地に到着してみると、いつもよりも大道芸を行っている人は少ないものの、屋根がある場所で実演をしている人がいた。

まず私が見たのは、チャップリンに扮装して無言でコメディを演じている人で、わざと失敗してそれをネタにすることをメインにしていたが、子供を使っての客いじりとか、そういった観客とのコミュニケーションもしっかりとやっていた。

この時に唯一、このコヴェントガーデンで行っていた大道芸がそれだけだったということもあって、50人ぐらいの観客を集めていたのではないかと思う。

この場所で見た大道芸だけではなく、他の所で見かけたものも含めてだが、だいたい盛り上がっている大道芸人の共通点としては、客いじりを重要視している。

そして、その中でも特に子供を呼び出して実演させることを重視していることが多い。

実際にそれで盛り上がっているし、最後まで見ていると、そこに実演をする中で絡んだ人は、かなりの確率で最終的にその芸が終わった後でチップを払う姿を見かける。

やはりいかにして相手に参加させるか、コミットメントを取るかということが重要であることは、大道芸という空間においても同一であることが理解できた。

それ以外にも、ロンドンだとナショナルギャラリーの前でダンスを踊っている人たちがいたが、確かに見事ではあるものの、そのレベルのダンサーであれば他にいくらでもいたはず。

しかしながら、彼らは客いじりがうまく、その部分に目に見えて気を使っていた。

例えば、前に出てきて実演をする人ではなくても、観客の距離をどんどん近づけるために輪を狭めるように何度も繰り返したり、後は手を叩いて盛り上げるように協調を促したり、そういったことをすることによって、心理的な距離まで近づいてくることになるので、最終的にチップの金額の増加に繋がりやすい。

特にナショナルギャラリーの場合、階段の上から見ている人もいるので、そこから降りてくる人はほとんどいない。

逆に言えば、パフォーマーと同じ高さにいる人達が勝負になるわけで、遠くから見守っているだけなのか、それともすぐ近くで参加しているような気分で見ているかによって、結果に違いが出てくるのは当然のことだと思う。

その意味で言うと、コヴェントガーデンの座っている席に向かって、即興のオペラをやっている女性がいたが、これはかなり厳しい。

周囲の観客はもともとそこで座って食事をしていただけだし、わざわざ立ち上がってまでチップを払うきっかけを掴みづらいので、最後まで観察していたが結果は惨憺たるものだった。

9年前にロンドンを訪れた時には、コヴェントガーデンでフィッシュ・アンド・チップスを食べた記憶があるが、今回は油ばかりの食事は敬遠してZeret Kitchenへ行くことにした。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ