日本の伝統工芸品が海外でも販売できるようになれば強い


父親がサラリーマンとしてリストラをされたことがきっかけで、自分もサラリーマンの道に進むのが嫌になって、伝統工芸士の弟子になった人がいる。

その人は、今後生き残っていくために、日本の伝統を引き継ぎながら物作りに励んでいくということで、今は修行に励んでいるが、実際のところ販売についてはこれまでのやり方を踏襲しているだけで、これといって何も知っているわけではないし、今後どういったことに取り組もうといったことを考える段階にもいない。

ある意味で、弟子になるということは、物作りについての制作技術を受け継ぐことはできるものの、販売についてプロから教わる機会というのを持つことは非常に少ない。そもそも工芸品に限らず、売る技術はものづくりとは別物という扱いなので。

その結果として何が起こるのかというと、たとえ良い商品を作っていたところで買い手が付かず、結局売上がたたないし、利益も出ないという状況。

これは焼き物だけではなくて、様々な伝統工芸品において、今現在見られることだというのは周知のとおり。

着物にしてもそうだし、それ以外の伝統工芸品というのは、日本人に対してはそれほど需要がなくなってしまっている。

喜んで買ってくれる人に工芸品を売る、あるいは情報を届けることについて様々な試みが行われてきたものの、結局大きな歯止めがかかることもなく、今に至る。

そういったことで、小さいなパイの中で商品の販売を頑張っていくよりも、Facebookページを作るなり何なりして、海外に売っていった方が、実を言うと圧倒的な大きなパイがあるし、裕福でなさそうな国であっても、意外に中流階級以上はお金を持っていたりもするので、ある程度値段を高く設定しても売れたりする。

例えば、マレーシアやフィリピン、あるいはタイといった国は、日本人からのイメージからすれば、決して豊ではないという印象がある。そんな国に高級品が売れるのだろうかと疑問を持つ人も少なくないだろう。

しかしながら彼らの中にもお金持ちはいるので、一つ数万円から数十万円の茶碗が売れることもあるし、あるいはディスプレイ用に高額な着物が販売されることもある。

実際、ジョホールバルのプレミアムアウトレットというショッピングモールにある、日本料理屋・勘八においては、立派な着物が店の入り口から左手に飾ってある。

こういったこともあるので、例えばわかりやすいところであればFacebookページでとりあえず広告を打って集客をして、そこから工芸品の販売に繋げるとか、あるいは、eBayや、海外のアマゾンで商品を出品して、そこから販売をするとか、そういった手軽なところから始めてみるというのも一つの方法。

特にeBayやアマゾンの場合であれば、広告費をかけずにスタートすることができるので、どの商品が売れるかというリサーチをすることもできる。

外国人に受け入れてもらえる日本の伝統工芸品ということで考えれば、実を言うと潜在的に様々な商品が当てはまる。

場合によっては、自分で物を作るだけではなくて、同業者から商品を委託販売する形にして、注文が入ってから発送をするとか、もしくはその発送作業も作り手の工房等にお願いするとか、そういったこともできるので、こういったことは実はかなり可能性があるのではないかと思っている。


外国人の好みは日本とはまた違うので、売れ残った在庫が解消できる場合も。

海外を相手にする場合には、日本好きのお客さんの開拓になっていくことが多いため、自分が作った工芸品だけを売るよりは、ある程度商品のラインナップを広げた方が有利。

外国人とコミュニケーションを取れる能力があれば、パイプも作りやすい。日常的な英会話がだめでも、メールでやり取りができればいいわけで、難易度はさほど高くはない。

そう考えると、周囲の同業者、あるいは近い業界をライバルや競合と捉えるよりは、同じく日本の伝統を体現する仲間としてやっていく方が長期的には有利だろう。

もっとも、そうなってくると、もはや作り手が片手間でやるよりも、販売専門の担当者を社内に置くとか、外部のマーケターに依頼した方が効率的な気がするが。



本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ