海外だと小さな歯ブラシが見つからない、ただし例外の国が2つ


海外で生活するようになって困ることの一つとして歯ブラシの問題があげられる。

旅行に行った時のホテルの歯ブラシのヘッドの部分、つまりブラシが付いている部分が大きすぎて使いづらいという感想を持ったことがある人は多いと思う。

なぜあんなに使いづらいものをわざわざ提供しているのかは不明だが、スーパーやコンビニで購入する場合も比較的海外の歯ブラシというのはヘッドの部分が大きい傾向にある。

日本というのはそこら辺の技術が進んでいるというか、そういったオーラルケアの部分にも興味が高いらしく、様々や形が開発されているし工夫を凝らしている。

ある意味で言うと市場が成長すると付加価値をつけざるを得ないので、そのような戦略というのは当たり前のことになってくる。

しかしながら、新興国というのはそこまでのレベルに至っていないので、非常に雑な作りであってもそれで売れてしまう。

その結果としてヘッドの小さな歯ブラシというのが希少価値を持つほど。

実際、度々日本に戻っている人だと日本に一時帰国した際にわざわざ歯ブラシを購入してきて持ち込んでいる人もいるほど。

私はそこまではしていないし、そもそも日本に3年以上帰っていないので現地で購入するようにしているが、スーパーに行って出来るだけ小さなヘッドのものを購入するようにしている。

東南アジアだとワトソンというドラッグストアが各国にあって、マニラにも点在している。

こういったところに行くというのも一つの手だし、それ以上に品ぞろえが多いのはランドマーク等のスーパーに行くこと。

こういったところで購入をすれば日本ほどではないにしても、ホテルで出てくるような大きなヘッドの歯ブラシというのは使わずに済む。



海外でも小さな歯ブラシが売っている街

バンコクのマックスバリューでは小さなヘッドの歯ブラシが売っているため、バンコクに旅行に行った時には何本か予備を購入している。

そのおかげで、ある程度奥歯までしっかりと磨くことが出来るので虫歯になりづらい。

海外で歯医者に行くというのはかなり不安なところだし、出来る限り避けたいと思っている。

幸いなことにこの3年間、虫歯らしい虫歯というのがないので歯医者に行ったことはないし、何度か病院には行っているものの口の中はいたって健康。

こういった状態というのは出来るだけキープするとともに、日本に一時帰国した際に歯科検診を受けるとかそういった試みというのもしてみようと思う。

医療といえばバンコクが進んでいるということが指摘されたりもするが、実際にタイ在住の日本の人に聞いたところ、インプラントをタイで入れたら色々と問題があってやはり日本の方が良かったという話も聞いているので、日本人の歯のことは日本の歯科医が一番なのではないかと思う。

もっとも、日本の歯医者というと必要以上に何度も治療を細切れにして来院回数を増やさせるとか、そういった患者のことを一切考えないで経営している歯科医院というのがあるのも知っているので、いまいち気が進まないところではあるが相対的に考えれば比較的安心感があるのは事実なので、出来るだけ歯医者は日本で行くようにしておきたいと考えている。

そういえば移住前に日本で歯石を落としてもらったときには、診察の前にそう言っているにもかかわらず何故か初日は歯科検診だけで終わり、歯石を落とすのは来週に来てほしいと言われたことがある。

そういったダメな病院というのは通常の会社や店舗と同じようにさっさと淘汰されてしまった方が世の為だと思う。


タイ以外だと、台湾もドラッグストアで小さなヘッドの歯ブラシが売っていた。

生活レベルが上がってくると、こうしたところにまで気が届いた商品が流通するらしい。




本音を言うと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ