ボホール島でドクターフィッシュを体験してきた



ドクターフィッシュとか、フィッシュセラピーと呼ばれる足の角質を食べてくれる小魚が、フィリピンのボホール島にもいた。

これは、ダオダイアモンドホテル(Dao Diamond Hotel)の中で行われているサービスで、ホテル併設のレストランの外側にちょっとした池のようなところがあって、そこにフィッシュセラピーのための魚が放流されている。



最初は看板だけあって担当者らしき人がいないので、どこでやっているのかわからなかったが、よく見てみると自己申告制になっていた。

未使用のタオルと使用済みのタオルをおく犬小屋のようなちょっとした構造物があり、勝手にタオルを取り、そこで使って30分50ペソで終わってからフロントに行って、お金を支払うシステムになっていた。

性善説にもとづいた仕組みだが、あまり利用者が多くなさそうなところを見ると、従業員を配置して人件費をかけるより経営的にも有効な気はする。

フィッシュセラピーは初めてではなくて、ジャカルタのブロックMの近くにあるショッピングモールで、一度体験したことがあった。

あの時は足に軽い電流が走るような感触があったが、そもそもあれが本当のフィッシュセラピーなのかどうか、若干疑わしい部分があって、思い切りB級感のあるショッピングモールだったので、もしかすると偽物だったのではないかという思いがないこともなかった。

ボホール島に来てから特にやることもなかったので、iPadで本を読みながら、このフィッシュセラピーを受けてみることにした。

と言っても、ただ単に池に足を突っ込んでおくだけで、あとは勝手に魚が集まってきて、角質を食べてくれる。


フィッシュセラピーの感想

30分やってみた結果として、特に目に見えるような変化があるわけでもなく、明らかにわかった変化としては、『その日のまえに』という重松清の本の最後が近づいてきたということぐらい。

タオルで足を拭いて歩いてみても、特別足が軽くなったとか、そういった感じはしないし、外見上も何も変わっていないので、イマイチ角質が取れたとか、そういった感じはしないものの、あれだけ魚が群がっていたので、何かしらの効果はあったのだろうと思う。

こうして、このホテルに滞在する最終日を終えて、タグビラランの中心部に近い位置にあるホテルに移動するため、ダオダイアモンドホテルの前でトライシクルを拾うことにした。

この辺りのトライシクルは、こちらが場所を言っても、向こうから料金を提示してくるというより、いくら払うんだと向こうから質問してくる。

当然ながら料金の相場がわからないと困るので、一応ホテルのフロントに確認をしといたところ、10ペソだと言っていた。

それに対して、こちらがあえていくらなのかと聞いてみたら、向こうは最初50ペソと提示してきたが、それならいらないというと、再びこちらに金額を聞いてきたので、ホテルでは10ペソと聞いたので10ペソ払うと言ったら、それで特に問題なく、向こうも了承した。

ここら辺の金額の駆け引きや心理戦は、海外での煩わしさを象徴するようなことで、いちいち関わりたくはない。

パングラオ島であっても、アロナビーチの辺りだと、だいたい相場が決まっている。

それに対して、そこから離れてしまうと、こういった交渉をいちいちしなければいけない上、外国人だと見ると明らかに金額を釣り上げてくることもあるので、若干面倒なところではある。

一応、ボホール島の中でもタクシーが走ってはいるものの、トライシクルの方が数としては圧倒的に多いので、そちらを使う機会が増えるし、むしろボホール島にでタクシーを未だに使ったことがない。

必要な時に、都合よく走っているほど台数が多くないので、そのような結果になってしまっている。


どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

下見なしでの海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて生活。

その後、各国を周りながら
1年半のホテル暮らしを経験。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザを取得済み。

8カ国に資産分散。

海外を活用しながら
住みたい街に住む生活を実践中。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事