電子書籍プレゼント

BDO銀行の小切手が戻ってきた【フィリピン】




治安の良くないフィリピンは小切手の国で、
水道代も小切手での支払いを勧められる。

それが無理なら銀行に行って振り込みもできるらしい。


先日BDO銀行の口座を開設した際に
小切手帳ももらってきたので、
それを使って水道代を支払った。

すると1ヶ月ほどたった昨日、
BDO銀行から封筒が到着。

何かと思ってみたら、
支払いに使った小切手だった。


何か記載に不備でもあって戻ってきたのかと思ったが、
ネットバンキングで確認した所、
引き落としはしっかりされている。

どうやら引き落としの後は使用済み小切手を
登録してある住所に送ってくるらしい。

日本にいた頃も含めて小切手を使うのが初めてなので、
こんな仕組みになっているとは知らなかった。

たしかによく見ると、
赤いペンが小さく入っているので、
これが使用済みの印ということなのだろう。



それにしても、
やはりフィリピン国内の銀行に口座を持っているのは
生活していく上で何かと便利。

小切手もあった方が助かるし、
確実に支払いの手間を減らせる。

日本人の口座開設を認めている国ばかりではないので、
現地の銀行に口座を持てるかどうかは、
移住する上で少し気にしたほうがいいかもしれない。


日本で取得したデビットカードで海外のATMを通して現金をおろしたり、
クレジットカードで買い物をすることはたしかに可能。

しかし、すべての支払いができるわけではないし、
小切手があった方が便利なこともある。

マレーシア在住時にはまったく感じなかったが、
フィリピンに住んでから小切手の有り難みを感じるようになった。


HSBC香港でも小切手帳を発行してもらえるが、
特に必要ないので断った。

何かの必要が生じるのであれば、
今後考えてみてもいいのかもしれない。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事