電子書籍プレゼント

マレーシアでの部屋さがしは貸し手市場?




ジョホールバルに先に移住した友人の紹介で、不動産業者とコンタクトを取り、移住して到着した日に物件を4件見て、その中の1件に決めた。

友人はネットで調べてこの業者を見つけたということ。

その後、部屋のクリーニング等で1週間ほどホテル住まいをしてからの入居となった。

支払ったのは、デポジット(保証金)として家賃2ヶ月分、これは日本で言う敷金に近いもの。

そしてユーティリティ・デポジットと呼ばれる、水道光熱費の分の保証金で、3万円弱。

あとは1ヶ月分の前払い家賃。

最後に印鑑税と業者への報酬が、合計で家賃1ヶ月分ほど。

これは2年目に住んだコンドミニアムでも同様。




デポジットは退去時に戻ってくるのだが、当初の説明では1,2ヶ月で戻ってくるはずのところ、退去から4ヶ月かかった上、満額で返ってくるという説明がクリーニング代3万円程度が引かれての返還だった。

このあたりは、あまり期待しない方がいいかもしれない。




2つ目のコンドミニアムを探す際には、地元の人がどうやって探すかを聞いてみた。

方法は主に3種類あるらしい。

まずは人のツテ。意外にこれが多いらしい。知り合いを通して不動産業者を見つけ、部屋探しを依頼するパターン。

そして新聞の広告。私は新聞を取ってないのでこれはわからない。

最後にネット。ネットを使う場合、不動産業者を探す方法と、物件紹介の掲示板のようなサイトがあるが、後者は情報が古く、連絡してもほとんど返事が返ってこなかった。

不動産業者も、10箇所に連絡して、返事がくるのは3箇所程度。


そして、私が住みたいと思っていたコンドミニアムを紹介してくれる業者はなかった。

そこで取った手段は、そのコンドミニアムに行って、入居者募集の張り紙を見ること。

この方法で2つ目のコンドミニアムは見つかった。

すでにお目当てのコンドミニアムがあるなら、この方法も有効だろう。



なお、ジョホールバルは車社会で店も点在しているので、足で不動産業者を探すのは困難。

このあたりは国や街によっても事情が異なるので、都会なら足で不動産業者を探してもいいだろう。

ちなみに、マレーシアやシンガポールの場合、日本と違って前の住人の退去前に部屋の下見が行われる。

自分が住んでいるコンドミニアムにも、下見が来る。

生活感のある部屋を見るのも見られるのも嬉しくないが、貸主にとっては合理的な慣習だろう。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事