電子書籍プレゼント


『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

HSBC香港からHSBCフィリピンへ初送金



クオータービザ(フィリピンの永住権)の申請手続きの一環で、
HSBC香港からHSBCフィリピンに5万ドルを送る必要があった。

海外から5万ドルが送金されたという記録が
クオータービザの申請要件なので。

しかし、なぜか送れない。

エラーが出てしまう。

ネットバンキングで手続きをしていたので、
「助けが必要なら、こちらまで電話を」
というメッセージが出ているものの、
英語で電話はちょっと厳しい。

ということで、担当者にメールを送ってみた。

HSBCはプレミアムアカウントを持っていると、
各国で担当者が付く。

そこで、何が問題になっているかをメールで聞いてみることに。

結果として分かったのは、
HSBCの自分の口座同士をつないで送金するグローバルビューでも、
1回に12,000ドル未満しか送金できないらしい。

12,000ドルではエラーが出たので、
どうやら未満ということのよう。

これでは5万ドルを送金するのに5日もかかると思ったら、
連続で送金可能だった。

セキュリティ上の配慮なのだろうが、
いまいち意味がないような・・・。

毎回1万ドルを送金しようとしたら、
「前と同じ金額ですが、これで本当にいいのですか?」
というような意味合いのメッセージが出る。

1日に送金できる回数制限かと思ってドキッとしたが、
よく読んだらそういうことだった。

ということで、
5回に分けて5万ドルの送金完了。

ついでにHSBCフィリピンの香港ドル口座にも
100香港ドルだけ入れておいた。

口座残高が0のままだと香港ドル口座が閉鎖されるので、
とりあえずそれを防ぐために。

これで初のHSBCフィリピンへの送金は完了した。

やはりグローバルビューだと一瞬で済むし、
送金手数料もかからないのでその点は楽。

送金制限の金額だけ覚えておけば、
何回かに分けて資金を移動させればいいだけだし。

ということで、
HSBCフィリピンへのグローバルビューの1回の送金制限額が
12,000ドルである旨を備忘録として残しておこうと思う。

ATMでも25,000円程度しか引き出せないことを考えると、
この国の金銭感覚では致し方ないのだろうか。

別にHSBCフィリピンをメインバンクにする気もないし、
むしろBDOをメインで使っているので
多少の制限は取り立てて困らないので
どうでもいいと言えばそれまでだが。


海外に移住するのは本当に難しいのか?

日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ




よく読まれている記事