電子書籍プレゼント

『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

アイスキャッスルのハロハロは、本当にセブで一番おいしいのか?実際に行ってみた



フィリピンと言えばハロハロがスイーツとして有名だが、セブにあるアイスキャッスルのハロハロが一番おいしいという評判を何度か聞いた。

以前にマカティに住んでいた時の物件のオーナーは、UCCカフェのハロハロが一番だと言っていたが、ここら辺は多少人の好みも分かれるところだろうし、とりあえず評価の高いところは行ってみようということで、セブのアヤラセンターの4階にあるアイスキャッスルを訪れてみた。

まずはその前に、ザ・ソーシャルという店でランチを済ませて、涼むのも兼ねて同じ4階のアイスキャッスルに移動した。

セブのアヤラセンター内の店だと映画館の近くにあって、近くにはバーガーキングやFLAME ITという同じくハンバーガーショップが並んでいる。

アイスキャッスルの店の外観はかなり簡素というか、いわゆる高級店の雰囲気は微塵もない。



アヤラセンターは、そこそこ高級な店からマクドナルドまで、かなり幅広い店が出店しているが、店の見た目からするとアイスキャッスルはかなり安い方の部類に入っている印象を受けた。

なんだかイメージと違うと思いながらも入ってみると、プラスチック製の安っぽい椅子とテーブルが並んでいる印象。

席につくと注文を取りに来てくれるような雰囲気ではなかったので、カウンターで注文をするタイプかと思ったが、席に座るように促されて、メニューを持ってきてくれる方式だった。

つまり、レストランのような流れになっているのだが、それに似つかわしくない店内の雰囲気がある。

とりあえず、ハロハロのスペシャルを頼んでみたが、店構えからするとあまり期待できるような感じではなかった。

午後1時過ぎだったが、店内のお客さんは1組しかおらず、あまり賑わっている風でもない。

噂ばかりが先行しているのか、それともアイスキャッスルはいくつかセブの中でも店舗があるので、他にレベルの高い店があるだけで、ここはたまたまはずれなのか、だんだん期待値が下がっていくのを感じながら、とりあえず待つことにした。


ハロハロを実食

出てきたハロハロはなかなか立派で、確かにこれであれば、見た目だけならセブの中でも真ん中よりも上という印象がある。

食べてみると、味は若干癖があって、もしかするとそれがフィリピン人好みであるという可能性は感じた。

実際、ローカルのレストランというか屋台のようなところに行くと、日本人からするとかなり癖のある料理を出していることもあるので、そこら辺は現地の人の感覚と日本人では味覚に差があり、その部分で意見の相違が出ていたとしても不思議ではない。

実際ハロハロでも、多くの店でコーンが入っているが、あれを積極的に好む日本人は限られる印象を受ける。

アイスキャッスルのハロハロを食べた率直な感想としては、かなりおいしい部類には入るものの、セブでナンバーワンかどうかということに関して言うと、若干首を傾げたくなるところはある。


アイスキャッスルのサンデー


ハロハロを食べた数日後に、同じくアイスキャッスルでサンデーを食べてみたが、こちらもそれなりにはおいしかった。

しかしながら、他の店と比べて頭一つ飛び抜けているとか、そういった印象はない。

スタッフを見ても、一人は働き者でもう一人は愛想が悪いという感じで、ここら辺もセブの中の標準と比べて大きくかけ離れている印象はなく、金額的にもハロハロのスペシャルが120ペソだったのでありふれている価格帯。

たまたまアヤラセンターがすぐ近くなので何度か足を運ぶことにはなりそうだが、例えば車で行かなければいけないような場所に店があったとしたら、恐らく2度目はないだろうと感じる店だった。


■Ice Castleの住所と地図
Level 4 Ayala Center Cebu, Cebu City, Cebu


営業時間:10時〜21時(土曜日のみ10時〜22時)
電話番号:+63324158060


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。



※登録後もメール講座はいつでも簡単に解除可能
※メール講座で学べることの詳細はこちらをどうぞ




この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事
電子書籍プレゼント

『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中

>>こちらをクリックしてプレゼントを受け取れます