海外移住を後悔したことはあるか?本音を語ってみた



私は日本を出てから9年目になる。

海外移住をして後悔することはあるのかと、
これから他の国で生活しようか迷っている人から
聞かれることがある。

結論としては、後悔はない。

そもそもの話として、
私は会社からの辞令でやって来たサラリーマンではないし、
現地で起業しているわけでもない。

仕事はネットを通じる形で行うので、
日本から海外に移住した時も困らなかったし、
今から帰国しても何の支障もない。

つまり、いつでも戻れる環境がある。

もし今の生活を選んだことを後悔していたら、
私の住まいはすでに日本のどこかに戻っているだろう。

「とりあえず」海外に住んでみることにした

マレーシアに引っ越したのが初めての海外移住だったが、
あの時にはずっと海外で暮らすことを決めていたわけではない。

暫定的にというか、
とりあえずマレーシアに住んでみようという気持ちだった。

そして、その後は再び下見なしでフィリピンへ移住。

こんな生活をその都度選んでいる。

住まいを何年も固定化するつもりがないので
今後の予定についても色々考えているのだが、
その候補の中に日本はない。

これが海外移住を後悔しているかどうかの
象徴的な答えだと思う。

日本に約30年住み続け、
今は海外に移住して暮らしている。

来年も別の場所に住むのだろうが、
その候補はすべて外国のみ。

海外でも美味しい和食を食べることができるし、
正直な所、日本に住むメリットがよく分からない。

実際、私はいまだ一時帰国すらしていない。

それは理由がないし、面倒にしか感じないから。

日本に行く手間をかけるなら、
つい代わりに他の国に旅行へ出てしまう。

実際に海外に住んでみると、
意外にそんなものなのだと思う。

もっとも、現地で仕事をしている人は別かもしれない。

仕事が思うように進まなかったり、
収入面でイライラすることもあると聞く。



たとえばマレーシアだとラマダンの断食中は
どうしても仕事の効率が落ちて思うように進まないらしい。

私の場合はあくまで生活面での話であることが前提になる。


永住は圧倒的に厳しい


単なる海外移住に比べ、永住となると条件は変わる。

どこか特定の国に住み続けることになるが、
これはハードルが一気に上がるし、
後悔することも増えるだろう。

一生どこかの国を住まいにしなければいけないと言われたら、
たとえ好きな国でも不満を持たずに暮らせる自信がない。

というより、まず無理な話だろう。


日本人がせっかく日本を出て暮らす以上、
しがらみを減らして自由度を上げたい。

その意味で言えば、
どこかの国に永住するというのは、
スパンが長引くほどに苦しさが募るだろう。

もちろん結婚して婚姻ビザを特定の国で取得し、
家族を持って暮らす場合には
気楽に居住国を変えられないだろうし、
永住が必要になるパターンはいくつかある。

ただ、個人的にはそうした選択肢は取りたくない。


後悔しない選択をしたいというのもあるが、
それ以前に軌道修正しやすい生き方をしたい。

最初からすべての出来事を見通すことなどできないし、
随時最新の状況に照らし合わせて対応するほうがいい。

まして世界情勢が不安定である現在なら、なおさらだろう。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事