電子書籍プレゼント


『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

行きたい国が増えすぎたので世界一周することにした



数えてみると行きたい国が多くなってきたのと、
それぞれが世界に点在してしまっていることに気づいた。

この数年、アジア中心に周ってきたが、
それ以外の地域にも足を運んでみたい。

比較的近場ならネパールとかロシア、
そこからどんどん離れていくと無数に行きたい国がある。

ヨーロッパは東欧も含めると
20近くの行きたい国があることに。

ブルガリアやポーランド、アルバニアなど
未体験の国も訪れたい。

イギリスやスペイン、ポルトガル等の定番にも
再び足を運びたくなっている。

フィリピンに住んでいる間、
スペイン統治下の遺跡が残る
イントラムロスのサンチャゴ要塞やマニラ大聖堂へは行ったが、
やはり本場の雰囲気にかなうものではないので。

マレーシアのマラッカにも行ったが、
こちらは街の一角にアムステルダムの雰囲気が漂う。

しかし、それも限られたごく一角。

全体としては普通の街である感が否めなかった。

せっかくなら実際のヨーロッパに再び行きたい。

そして、中南米も訪れたくなった。

こちらは完全に未体験ゾーン。

治安の面で心配はあるし、
実際にメキシコに何度も足を運んでいる人の話では、
慣れていても危険だという。

あまり賢明な旅ではないのかもしれないが、
できれば行きたい国がいくつもある。

ボリビアのウユニ塩湖やペルーのマチュピチュなど、
定番スポットも訪れておきたいし、
南米の国の生活の現状もチェックしたい。

危険なところには行きたくないが、
訪れてみたい気持ちの方が強くなってしまった。

ブラジルやアルゼンチンもどんな様子か確認したい。

こうしたルートを組み合わせると、
必然的に世界を一周することになる。

ということで、それを実行することにした。

別に仕事を辞めて大げさに始めるとか
そういうことではなくて、
仕事は続けながら旅を始めることになる。

そもそも期間も決まっていないし、
ルートも特に決定していない。

最初に決まっていたのは、
マニラからクアラルンプールへ行くことだけで、
次の行き先すら未定。

そして、旅立ちの日には
フィリピンの出国証明書(ECC)が間に合わず、
4日ほど延期することに。

空港までは行ったものの、
イミグレを通過することができなかった。

スタートが残念過ぎる・・・。

そんなわけで、行きたい国を効率よく消化するために
世界を周ってくることにしたが、
驚くほどに気負いがない。

そして準備もない。

20代の頃の私が見たら、
間違いなく驚いてしまうほどに。

それなりに体力のある(人並み以下だが)30代のうちに
色々周ってきたほうがいいのではないかと思い、
このような決断をすることになった。

どこかの国に住み着く必然性もなくなったので、
こうして転々とするのもいい。

何度も訪れたい街も多いので、
行きたい国は死ぬまでなくなりそうにない。

それなら、先回しにするよりは
さっさと消化しておくほうが得策なはず。

ひとまずしばらく時間をかけて周ってみようと思う。

それが数ヶ月ぐらいで終わるのか、
もっと長いものになるのかは不明。

別に世界一周を終えたら旅が終了ということでもないので、
変にかまえずにゆるくやっていこうと思う。

行きたい国のすべてを一度に周るのは難しいので、
ルートによっては飛ばす国もあるだろうし、
そこは別の機会に行けばいい。

特にヨーロッパはビザの関係もあるので、
あまり長期間滞在できない。

一度にまとめて居続けることができない以上、
何度も訪れることになる。

そんな感じで当面はやっていく予定。

それにしても、誰かルートを作ってくれないかと思うほど
まったく予定が立たない。

おそらく常に直近の予定ぐらいしかない状態で
移動を続けることになるのではないかと思う。

それでいいのだろうか(笑)?


海外に移住するのは本当に難しいのか?

日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ




よく読まれている記事