インドネシアへの移住を現実的に考えてみた

ジャカルタ

ジャカルタやバタム島に行き、
インドネシアへの移住も考えてみた。

マレーシア、フィリピンに続いて住む国として
候補の1つとして考える余地があるのではないかと。

特にジャカルタは人が優しいことが印象的だったので、
その面ではとても好印象だった。

逆にインドネシアに移住する上で問題になるのは、
たとえば空気の悪さ。

車やバイクが異常に多い上、
排ガス規制も日本のように進んでいるわけではない。

やはり空気はきれいとは言えない。

実際、バイクに乗る人はマスクをしていることも多い。

ここに長く住むとなると、
健康面ではかなりマイナスになりそうだ。

交通インフラも強いとはいえない。

道路は慢性的な渋滞だし、
電車も屋根の上に人が大勢乗るほど時間帯によっては混む。

試しに夜に乗ってみたが、
車内がガラガラなのになぜか屋根の上に乗っている人も。

あれが何を目的にしているのかは不明だ(笑)。

駅は電灯が少ないために暗く、
外国人が安全に使える感じはしなかった。

インドネシアのイメージよりは治安がよさそうだったが、
決して安心して電車を使えるような感じではない。

タクシーに乗れば渋滞につかまり、
電車もダメとなると移動がしづらい。

そして移住して重要な食事の面だが、
ローカルフードの店が多くて外国人向けレストランは
他のアジア各国に比べて少ない気が。

しばらく旅行するぐらいなら問題ないが、
本格的にインドネシアに移住するなら
これは無視することができない。

住むのなら1年単位が基本になるので、
その間食事の面で我慢を続けるわけにはいかないので。

こうしたことを総合して考えると、
インドネシアへの移住は時期尚早かと思う。

怖いイメージに反して国民性には魅力を感じたが、
まだまだインフラが整っていない。

インドネシアは10,000以上の島が集まった国のため、
島によって文化も違うという。

ジャカルタは気に入ったが、
それ以外の島に住もうとは思っていない。

ジャカルタにしても、
もう少し住みやすくなってからじゃないと
ちょっと厳しいものがあるかと。

たとえばマニラやクアラルンプールと比較した場合、
住みやすさが勝っているとは考え難い。

すでにビザがあるフィリピンやマレーシアに比べ、
その部分の手続きを済ませてまで
インドネシアに移住するメリットが現状では見いだせない。

将来的に住んでみたい国ではあるが、
ひとまずは見送りの対象になりそうだ。

ただ、ジャカルタの人の優しさは
本当に代えがたいものがあるし、
穏やかなことで知られるタイと同等ではないかと思う。

その点で本当に期待の大きな国なのは間違いない。


海外に移住するのは本当に難しいのか?


日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ

電子書籍のプレゼントページへ



よく読まれている記事