電子書籍プレゼント

世界一周をしたぐらいで人生観は変わらない



いわゆる自分探しの旅を始めた人にとっては、世界一周をして人生観が変わったとか、世界観が違ってきたと言えば、喜んでもらえるのだろうと思う。

しかしながら、実際のところどうかというと、そんなことは全くなかった。

そもそも私の場合、10年ほど前に初めてヨーロッパに行って以来、随分海外からは離れていたものの、4年前からは東南アジアを中心に生活をしてきたので、特に海外が珍しいわけではなかった。

アジアとヨーロッパはすでに行っていたわけだし、新しくオーストラリアや北米には行ってみたが、それによって精神に劇的な変化がもたらされたかというと、そんなことはない。

オーストラリアにしろアメリカやカナダにしろ、基本的にヨーロッパから移住してきた人たちが作った国なので、ヨーロッパに似ている。

そういった意味でも、文化や食生活や町並みが全くの未知というわけでもなかったし、アジアに関して言えば、何しろ4年ぐらい住んでいたわけなので、今さら新しい発見が次々に起こったわけでもない。

そう考えてみると、世界一周をしたあとで、何か大きな変化があったかというとそうでもなく、普通に色々な場所で旅行してきたのと変わらない。

要は断片的な積み重ねなのか、それともまるっとまとめて体験してきたかというだけの違いであって、それ以上の感慨深さはなかった。

そもそも世界一周が終わったところで、私の旅が終わるわけではなくて、それ以降も特に自宅を借りたり、購入したりすることもなく、各国の国境を越えながらホテル暮らしを続けている。

そう考えてみると、世界一周は随分とぼんやりと始まって、いつの間にか一応の終わりは迎えていたものの、それ以降もなんら変化はなく、旅が続いているだけ。

これで人生観が変わったら、むしろ不思議な話だとすら思う。

私の世界に対する感覚が変わったのは、やはり一番最初の海外旅行だったように感じる。

ヨーロッパに約2ヶ月滞在をして、その間に約10ヶ国を渡り歩いた。

西ヨーロッパから中央ヨーロッパの主要国はだいたいその時に網羅したが、あの時に海外が持つ可能性を感じたし、日本以外で生活してみたいと思ったのも、この時が初めてだった。

その体験がなければ、今の私の生活はきっとなかったと思うが、今回の世界一周がなかったからといって、今後の人生が劇的に変わるかと言えば、そうでもないと思う。

世界一周はあくまで概念であって、言葉にすぎない。

それは他人に対して説明する時には分かりやすい記号になるが、自分自身の中では単発でラオスに行ったり、バンコクに行くのと、世界一周の中でそういった国々を周ってきたのとでは、そこまで大きな違いを感じない。



旅と暮らしの融合

そもそも今は旅と暮らしがどんどん近づいて、融合してしまった状態なので、旅をするように暮らすとか、暮らすように旅をするという概念自体も手放してしまった。

なにしろ拠点すらも持たないわけなので、暮らしと旅は完全に重なって一致している。

旅と暮らしがイコールの関係で結ばれてしまうと、もはやその間に差を見つけること自体に意味を感じなくなった。

そんなこともあって、世界一周をしたことによって、これからの人生に影響を受けるとか、それによって仕事を変えることにしたとか、そういった違いはない。

ただし、経験を手っ取り早く積むためにはプラスになったし、これまで見たことのない国、例えばポーランドとか、チェコとか、そういった国を訪れるきっかけになったので、このことによって今後の居住地の候補や、人生の幅が広がったのは間違いないし、それによってさらに自由度は高まった。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事