電子書籍プレゼント

イスラエルに移住して日本人が仕事をしていく上での現実


※以下はイスラエルのテルアビブに移住した読者さんからの投稿

仕事の上で現実的に難しいのは、第一に労働ビザの取得ですね。

外国人がイスラエルで働けるようにする為には、労働ビザが必ず必要なんですけど、勤め先の会社なり企業なり、私の場合だと芸術関係の劇場なんですけど、そういう場所から直接労働ビザを下ろしてもらえるという事は中々ないんですね。

かなり手続きが大変なのと、税金だったり手間がかかるようで、それをするくらいなら外国人を雇うよりイスラエル人を雇った方が簡単だというところがあるので、それらの理由で日本人が仕事を得るのはハードルは高いですね。

これは私が住むテルアビブでもそうですし、エルサレムやヤッファのような他の街でも同様です。

ただ、企業や会社から出してもらう労働ビザ以外に働けるビザを取れる方法があります。

これは他の質問のところでお答えできればと思うんですけど、私の知る限りこちらに住んでいる日本人の方はこのビザを取得して働いている方が多いです。

あとは言語の問題ですけど、一応イスラエルは母国語としてヘブライ語を使っているのですが、大きい都市、テルアビブやエルサレムになりますと英語も通じます。

私の場合ですと劇場で働いているんですが、私のように海外から来るアーティストが多いので主に話される言語は、大体英語ですね。

ただ、郊外の方に出ると、やっぱりヘブライ語しか通じないところがあるんで、言語としては土地によりけりですけど、英語、ヘブライ語は必須でしょうかね。



イスラエルに移住するための具体的な方法・準備

具体的な方法と準備は、そうですね、この国に住んでいる日本人を何人か知っていますけど、それぞれかなり異なった方法で、この国に住んでいます。

そのため、一つこれというものはないですけど、私の周りですとアーティスト、ダンサーやアクター、ミュージシャンなんかが多いので、そういった秀でたものがある人は、そのままカンパニーに雇われる人もいます。

私のようにスカラシップを取って、この国に一年なり半年なり基礎、基盤を作ってから仕事をしだして、住んでいくっていう人もいれば、それこそイスラエル人の方と結婚をしたり、カップルになってそのままこちらに来てっていう人もいます。

あとは宗教的なものでクリスチャンの方だったりジューイッシュの方も時々見ますけど、中々ないですね。

キリスト教の方は聖地であるイスラエルに住みたいという事で住んでたりもしますが、それぞれの具体的な方法は本当に人それぞれ違ってますので、言語とビザの問題さえクリア出来れば良いと思います。

ビザに関してもイスラエルで働くというわけではなく、学ぶのであれば学生ビザでも良いですし、コミュニケーションが取れればこの国に住む事は可能だと思いますね。




本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス




よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ