電子書籍プレゼント

地震がない(少ない)国へ移住して感じた「本音」


クアラルンプールのショッピングモール

海外移住先に地震がめったに起きない、もしくは大きな震災がほぼ生じない国を条件として求める人もいる。日本人の感覚以上に、外国人の方がこの点は共感してくれる事が多い。

マグニチュード6以上に限定すると、世界の地震の20%が日本に集中している。200以上ある国の中で、一国が20%もの比率を占めているのである。

東日本大震災も含め、日本には不定期に、そしてかなり頻繁に大地震がやって来る。海外移住をする理由の1つに、この地震の回避を挙げる人もいるのもうなずける。

昔から地震が日常的な国に住んでいると感覚が麻痺するが、いつ地面が激しく揺れて建物が倒壊するか分からないとか、家具が倒れてきたり、地震に伴う火事が起きたりするかわからないというのは恐ろしいもの。


もっとも、地震を避けるためだけに海外移住をしたという話は今のところ聞かないものの、海外移住のメリットの1つになっているのは間違いないだろうし、私自身もそうだった。


日本に住んでいても、家具の固定など地震対策をしておけばリスクは減らせるものの、外出先での被災などを考えれば、突然命を奪われることもありえる。そう考えると、リスク管理として海外移住を捉えることもできるだろう。

さらに言えば、自分の命ばかりではなく、財産が地震で無価値になることもある。東日本大震災では多くの家屋が津波に流されてしまったし、阪神・淡路大震災の際にも倒壊や火災の被害が相次いだ。こうなってしまうと、マイホームの価値はなくなってしまう。

日本にいて地震のことを考えるのは不安になるので、避けたくなるのは分かる。しかし、海外から見れば日本のような地震大国にいて対策をしないのは、リスク管理の観点から疑問を覚えてしまう。

普段地震のない国にいる外国人にしてみれば、震度3程度でも恐怖を覚えることになる。小さな揺れとして気にせずに暮らしている日本人の方が、世界から見ると少数派なのだ。


私の移住してきたマレーシアにも地震はない。


クアラルンプールの街並み

現地の住人に聞いてみても、地震や津波は無縁という話。こうした国に海外移住するというのは、安心を1つ手に入れることになるのではないだろうか。

津波が来る場所に引っ越すように言われれば多くの人が断っても、住んでいる場所が実は津波の危険があると言われても、転居に抵抗を覚えるのが人間の心理。地震に対しても似たような感覚があるのは否めないだろう。

とは言え、避けられない天災が1つ減るのだから、海外移住において、その点のメリットは十分に大きなものだと感じている。

ちなみに、何年も地面の揺れと無縁な生活をしていると、一時帰国の際に震度3ぐらいの地震があっただけでもかなり動揺した。熊本での震災の時にたまたま京都にいたが、その時の揺れでも恐怖を感じたのを憶えている。




地震の少ない国は?

バンコクのNANA
日本人が移住を考える上で現実的な選択肢で、
かつ大きな地震がめったに起こらない国を挙げてみよう。

まず、アジアで見ると、
マレーシアやタイ、シンガポールは
地震があまりない国として知られている。

タイの場合、バンコク周辺では特に少なく、
プーケットやチェンライではマグニチュード4に近い地震が起きた。

実は、プーケットで津波が起きた時、
知人が現場に居合わせたことも。

彼は当時プーケットに住んでいたので、
被災して自宅が流された。

とは言え、タイでも地震による建物の倒壊よりも、
津波の被害の方が深刻。

そのため、海沿いでなければリスクは小さく、
日本人が多い街の中ではバンコクの安全度が高い。


また、ヨーロッパでもドイツやフランス、スイス、スウェーデンは
地震が少ないとされる。

ミュンヘン

逆にイタリアは頻繁に地震の報道がされている印象があるが、
調べてみると実際に死者を出した地震が
2010年から2018年の9年間で5件起きている。


オセアニアに目を向けると、
オーストラリアも地震が少ない国。

シドニー

2016年にマグニチュード6.1の地震があったが、
過去にさかのぼってみるとまれな事例。

また、オーストラリアは仮にも大陸だけあって、
国土が広い。

その中で見ると、
地震が少ない部類に入る。

もっとも、現地で就労する場合以外、
すでに世界の中でもビザが取りづらい部類の国でもあるが。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ