電子書籍プレゼント

ジョホールバルの観光スポットを移住者が語る




実際にジョホールバルに2年住んでみて思ったのは、
目立った観光スポットがないということ。

たとえば、完全に旅行で遊びに来た場合だと
どこがいいというのはなかなか言いづらい。


一応ジョホールバルの中心部に当たるシティスクエアはあるが、
ここは地方都市のデパートレベル。


近くにある旧市庁舎はイスラム建築でそれなりに立派だが、
そのあたりで観光できるのはそのくらい。



場所を変えてダンガベイというエリアもある。


これはシティスクエアから車で10分弱の
海沿いのエリアになる。

この辺のレストランで海を眺めながら食事というのは
それなりに雰囲気がいい。

ただ、それを目当てに行く価値があるかと聞かれると
そこまでの価値はないと思う。

あくまで食事の場所としてはいいというだけで、
ジョホールバルの観光の目玉スポットにはならない。



では、他にどこかあるのか?

2012年にできたレゴランドやキティランドだったり、
ジョホールバルのプレミアム・アウトレットだろうか。

わざわざマレーシアの片田舎までやって来て
遊園地に行きたいのかという疑問もあるし、
地方のアウトレットモールレベルのところを勧めるのも・・・。

ちなみに、このプレミアム・アウトレットは
品揃えが悪い上に価格は日本並。

それならシンガポールで買い物をしたほうが賢明だろう。


しかも、これらは中心部から車で1時間近く走った場所。

かなり遠い。



こうして考えると、
純粋にジョホールバルに観光だけのために来るのは
いまいちな感じがしてしまう。

住んでいても、特に遊びに行くような場所はない。

そう考えると、投資の視察のついでにどこかを見に行くとか、
そのくらいの感覚の方がいいのではないかと。


単純にシンガポールの隣なので、
ついでに街の雰囲気を見ておくというのは面白いものの、
これといった観光スポットはジョホールバルにはない。

マレーシアの中でも観光地でも何でもない場所なので、
過度な期待はしないほうがいいだろう。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事