電子書籍プレゼント

クアラルンプールのダイソーは海外居住者のテンションを上げる


東南アジア各国には、ダイソー等の100円ショップが進出していることが多い。

もっとも、実際には100円ではなくて、日本円でいうところの150円〜180円ぐらいの金額で販売していることが多い。

マレーシアの場合であれば、ダイソーがすでに出店しているので、クアラルンプールのパビリオンにある店舗に行ってきた。

最近欲しいと思っていた物として、足の裏のツボをマッサージする青竹踏みのような器具があった。

先日までセブにいた時にも、日本城という100円ショップのような店で、おそらく青竹踏みのようなものがあるだろうとは予想がついたし、アヤラモールまで行けば、日本城が入っているという情報も掴んでいた。

しかしながら、わざわざタクシーに乗ってまで行く気も起らず、結局クアラルンプールのパビリオンに行くまで持ち越しとなっていた。

ダイソーを訪れた日は病み上がりだったこともあって、食事をするだけで済ませようかとも思ったが、どのみち東京ストリートというエリアまで来たので、ダイソーもすぐ目の前だったし、ちょっと見てみることにした。

思いのほか体調もよくなっていて、お腹の調子も特に問題なさそうだったし、頭痛も歩いていて辛いほどではなくなったので、店内を散策する程度の余裕は出てきた。

ダイソーの店内を見てみると、8リンギットで売っているものが多かったので、日本円で言うと200円弱ということになる。




100円ショップで売っているものをそのまま持って来ているので、倍の価格で販売していることになるが、店内は非常に賑わっていて、通路がドン・キホーテのように狭いので、かなり混み合っていて歩きづらい印象を受けた。

店内の通路の感覚は、日本で言うダイソーよりは、むしろドン・キホーテに近い。

ここら辺も日本と海外で戦略が違うのが見える。

日本よりも所得の低い国で高い価格設定をしているわけなので、どちらかと言うと、高級志向があるはずではあるものの、店内の陳列自体にはそういった感覚を出さず、むしろ狭くて歩きづらい環境を作っている。

逆に言えば、マレーシア人の所得水準を考えると、この程度の価格であれば、高級感を出さなくても売れることがうかがえる。

特に目新しいものがあるわけではなく、健康器具系も色々とあって、孫の手や握力を鍛えるための器具、健康器具以外でも台所用品のおたまとか、まな板とか、各種の皿とか鍋とか、生活雑貨として花瓶が売られていたりとか、様々なおもちゃがあったりとか、なんだか視覚的に賑やかだった。

さすがに人が多かったのと、歩きづらかったということ、体調もまだ完全ではなかったということもあって、お目当ての足ツボを刺激する器具だけを買って出ることにした。


東京ストリートの和食店での明暗

ダイソーの目の前にあるしゃぶしゃぶの食べ放題の店の前には、まだ午後6時過ぎにも関わらず行列が出来ていて、その向こうにある山頭火は、席の空席率がだいたい70%ぐらいだったので、ここら辺はかなり明暗が分かれてしまった印象がある。

以前であれば、山頭火の前にちょっとした行列が出来ていたのに、今ではすっかりその勢いがなくなってしまったのは悲しいところ。

ちなみに山頭火はカナダのトロントでも見かけたが、こちらの価格設定は、表にあるメニューには出ていなかったので不明。

トロントの店に関して言うと、ほぼ席は埋まっているように見受けた。

そのままNaughty Nuri's Life Centreで軽めに食事を取り、Hotel Istana Kuala Lumpur City Centerに帰って早めに床についた。



本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ