電子書籍プレゼント

クアラルンプールは移住先としてバンコクのスペア以上になれるのか




年末年始をクアラルンプールで1ヶ月過ごしたが、以前にも約1ヶ月弱をクアラルンプールで過したことが何度かある。

それに対してバンコクについても、ビザなしで滞在できる30日ギリギリまで滞在したり、クアラルンプール以上に何度も訪れている。

これまでビザのことを考えると、マレーシアの場合はMM2Hビザを取っているので、事実上無期限で暮らすことができるのに対し、バンコクの場合、ビザなしの30日しか滞在できないという問題があった。

その後、イージーアクセスやエリートカードが復活したことによって、お金と少しの手間をかければ、タイにも5年または20年住むことができる権利を得られるようになった。

とはいえ、金額はそれぞれ50万バーツと200万バーツなので、決して安いものではない。

さらに言うと、この金額は預貯金や不動産等の購入費用ではなくて、イージーアクセスやエリートカードの購入費であり、戻ってこないお金なので、なおさら出費としては小さなものではなくなる。


ヨーロッパ等で投資ビザを取る場合は、だいたい不動産や特別な国債を一定金額以上購入することが条件になっている。

このお金はあくまでも不動産や国債の購入費であり、時期がくればそれらを売却することによって、場合によっては利益を得られることもある。

それに対してタイに支払うお金は全く戻ってこないので、じゃっかん事情が違う。

こうしてマレーシアは自由に住むことができて、タイの場合はどれだけ思い焦がれようと、それは一方的な片思いのようなもので、向こうから拒まれているという状況が続いていた。

しかし、現在では、イージーアクセスかエリートカードを取ることによって、その思いは成就する条件が整った。

そうなってきた場合、クアラルンプールもバンコクも、移住先として両方とも候補になるわけだが、クアラルンプールは2軍というかバンコクのスペアぐらいの住み心地にしかなっていないと感じる。


和食の充実ぶりでの比較

これは基本的にあらゆる面で言えることで、例えば和食のレベルについても、明らかにバンコクの方が美味しいものがそろっている。

先日もエカマイのゲートウェイというショッピングモールの中にある、ナギヤという居酒屋で、魚介系スープのもつ鍋や焼鳥を食べてきたが、完全に日本と変わらないレベルの味だった。

さらに言うと、何人か日本人のスタッフも見かけた。

このショッピングモールの中だけを見ても、和食レストランはいくつもあって、TADAIMAとか、幸楽苑とか、京ロールとか、ひなやとか、そういった店がまだ他にもいくつかあった。

クアラルンプールもパビリオンの中にある東京ストリートを初めとして、和食レストランはあるものの、いまいちレベルが高くないところが多い。

コストパフォーマンスで考えても、クアラルンプールの方が割高になっている。

これは人件費を考えると自然な話で、ざっくり言うと、バンコクのスタッフの時給が100円ぐらいなのに対して、クアラルンプールは約200円。

明らかにタイ人の方が接客に向いているにも関わらず、マレーシア人の方が倍の時給を取っていることになる。

特にインド系のマレーシア人の愛想の悪さはひどく、接客なのか恫喝なのか威嚇なのか、よくわからない態度の店員すら頻繁に見かけるし、買物に行くのが億劫になる。

いっそのこと全て自動レジにしてもらったら、随分とマレーシアは居心地がよくなるのではないかと思うほど。

当然こういった人件費は、美容院やマッサージの費用にも反映され、バンコクでタイマッサージや足裏マッサージを1時間受けると、だいたい700円から800円ぐらいなのに対し、クアラルンプールの場合であれば、1600円から1700円が相場ということになる。

さらに交通インフラを考えても、どちらも地下鉄やスカイトレインを持っているが、乗っている時の安心感は、バンコクの方が数段上。

こういったことを考えても、現時点でのクアラルンプールの2軍感は否めないし、今後5年や10年の単位でバンコクに追いついたり、追い越したりすることはまずなさそう。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ