電子書籍プレゼント

ロンドンで市営のスポーツクラブに通ってみた



※以下はロンドン在住の山本さんからの投稿

体を動かすのがすごく好きだったので、ロンドンに行ってからもいろいろとスポーツが出来たらなと思っていました。

それでイギリスに行ってからランニングシューズと、それから簡単な運動系のウェアをスポーツショップで購入しまして、ハイドパークやリージェントパークといった大きなナショナルパークをよく走ってました。

結構ロンドンの皆さんは、年配の足を引きずったような方まで一生懸命ランニングしてらっしゃるので、ものすごく刺激を受けて走りながら、ちょっとお話をしてみたりっていうことも出来ましたね。

ただイギリスは冬時間になりますと、もう3時過ぎには外は真っ暗になってしまうくらいあっという間に夜が来てしまうんです。

そういった真っ暗な中を走るのはちょっと怖いなと思いましたので、冬の時期、市営のスポーツクラブに通おうと思いまして、それでいろいろと調べました。

たまたまその時住んでいたフラットの近くに市営のスポーツクラブがありまして、そこにはプール、スポーツジム、それからスタジオエクササイズが出来る施設もありまして、そこに通うようになりました。

この市営のスポーツクラブなんですけれども、こちらは特に入会金とかは必要なくて、その都度行ったときにプールを使いたい、ジムを使いたい、スタジオエクササイズに参加したいということで、その際にお金を払う方式でした。

自分が住んでいる地区の区役所のようなところに申請しますと、レジデンスカードという物が送られてくるんですね。

そのレジデンスカードを持っていると、スポーツクラブが割引になるんです。

例えばプールを使うのが元々6ポンド必要だったところが4ポンドや半額くらいになって割引が効くので、市営のスポーツクラブに通いたいなという方は、是非このレジデンスカードを作られてみると良いんじゃないでしょうか。

やっぱりスポーツもすごく盛んな国なので、毎回プールには同じ方がみえてて、その方とお友達になったりだとか、それからスタジオエクササイズに一度参加した時には、ちょっと日本では経験できないようなハードなエクササイズを経験出来たりだとかして、すごく良い経験でした。

当時、日本でも割と流行っていたんですけれども、ボクササイズ、ボクシングの動きをしながらエクササイズをしようというというコースに参加しました。

ボクシングのトレーニングに使うような本物のサンドバッグと、それからすごく重たいグラブを手に付けまして、それを振りかざしながらサンドバッグを思いっきりパンチしながらハードな曲に合わせてエクササイズをするものでした。

体力にはそれなりに自信はあったんですけれども、さすがについていけず。

インストラクターの方、女性の方だったんですけれども、すごくムキムキした体をしてらして、日本と外国のスポーツに対する姿勢は全然違うものだと感じましたね。

本当にただのダイエットではなくて、体を動かして汗を流して鍛えるというような感じだったので、とても興味深かったです。

ただ、本当にハードなものばかりではなくて、ちょっとしたヨガみたいなものもすごく流行ってました。

ちょっと運動不足だななんて思われたら、レジデンスカードを作って市営のスポーツクラブに通ってみるのも良い方法だ思います。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事