電子書籍プレゼント

イギリスに移住する際に持っていくと便利な持ち物



※以下はイギリス在住の加藤さんからの投稿

イギリスに移住する際に持っていくと便利な持ち物ですけれども、電圧はイギリスと日本で同じでしたので変電装置は不要でした。

ただコンセントの形状は違いますので、それは必須ですね。

それからパソコン。

これは現地で情報を得るためには有効なものですので、パソコンで常々インターネットなどで情報収集をされている方は、必ずご自分のパソコンを持っていかれるとても役に立ちます。

もちろんスマホで代用してもかまいません。


それからロンドンに行くなら季節問わずにコートは必ず一枚、持っていってほしいですね。

私は6月に渡航しましたので、長袖はまずいらないだろうと思っていたんですけれども、夜がたいへん寒くてですね、慌てて現地のショッピングセンターで薄手のコートを買い足した経験がありました。

荷物が多くなるし、夏だしコートは良いかなという気持ちでいたんですけれども、一枚は薄手のものを持参されると良いと思います。


これは余談になるかと思うんですけれども、イギリスのサランラップのクオリティーには大変苦労します。

もし荷物のスペースに余裕があればサランラップを一本入れておくと最初のストレスがありません。

食材は日本食材店でも購入できるんですけれども、これは大変高いですね。

私、読書が好きだったので日本語の小説が恋しくなるかもしれないと思っていたんですけれども、日本人の方が経営しているロンドンの古本屋さんがあるんですけれども、そちらで日本語の小説なども古書で安く手に入れることが出来ました。

それからロンドンには日本の書店もありますので、雑誌なども最新版を入手することが出来ます。

なので、大抵のことはイギリス当地で揃ってしまいますので、これを忘れたら暮らせないかもというものはありません。

ただですね、イギリスの水質ですが、硬水ですのでとても肌が乾燥しやすかったり、荒れやすかったりするんです。

ですので、自分に合った化粧品を日本から持っていくとか、いつも使っているハンドクリームやひび割れなどの薬などを日本から持っていかれた方が安心です。


イギリスに住もうと思ったきっかけ

イギリスに住もうと思ったきっかけですけれども、私はTOEICを受験してもおそらく400点にも届かないほど英語が苦手でした。

ですので、外国で暮らすことは全く考えたことがありませんでした。

ただイギリスのロックミュージックやスコッチウイスキーがとても好きだったので、イギリスの風土や文化には興味がありました。

それでちょうど5年ほど前にその当時勤めていた会社で、一週間まとまったお休みをいただくことが出来たんです。

そこでいろんな偶然が重なって、その休暇を利用してイギリスに一人旅に行くことになったんです。

当時自分が住んでいた京都の街とロンドンの空気がとても似ていたので、ふと「ここなら住めるな」って思ったんですね。

その時に初めて「ここに住んでみたいな」と思いました。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、

現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、

自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは

限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、

詳しくは以下の案内をどうぞ。


取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事