電子書籍プレゼント


『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

マレーシア生活を移住から2年でやめた理由


日本を出てマレーシアに移住し、
1年契約で2つのコンドミニアムに住んだ。

2軒目のコンドミニアムは上階の騒音がひどく、
契約更新は考えられなかったため、
このままマレーシアで別のコンドミニアムを借りるか、
マレーシア生活をやめて別の国へ行くかの二択だった。

私が選択したのは後者で、
次はフィリピン・マニラに移住することにした。

マレーシアではMM2Hビザを取得したので、
シンプルに考えると惰性で定住する方が自然にも思える。

しかし、実際にマレーシアで暮らしてみて、
2年以上の滞在は厳しいと判断した。

その理由について見ていきたい。



食事面の厳しさ


マレーシア料理は最初のうちは美味しかったし、
いわゆるローカルフードも口に合った。

ラクサやナシゴレン、パクテー等、
日常的に食べていても平気だった。

ただし美味しく食べられたのは最初の3ヶ月ほどで、
半年経った頃には飽き飽きしていた。

屋台街の近くを通りかかって匂いをかぐだけで
食欲が減退してしまうほどに。

和食レストランやイタリアンもそれなりに充実しているが、
車社会のマレーシアでは基本的にタクシー移動。

クアラルンプールなら電車も走っているが、
基本的にある程度お金のある人は車移動をするので、
あまり電車内の治安も良くない。

そして、タクシーの質の低さは特筆すべきものがあった。



日常的に頻発するトラブル


マレーシアで遭遇するトラブルの大半は
タクシーの車内で起こる。

運転手が金額を上乗せするだけなら
周辺国でもよくあることだが、
こちらが断ると大声を出して怒鳴ったり、
助手席を殴って威嚇してくることもある。

それも、レアな体験ではなく、日常的に。

特に流しやショッピングモールで客待ちしているタクシーに
この傾向が強かった。

電話で呼び出した場合は、
比較的まともな対応の事が多い。

こうしたトラブルに日々巻き込まれることにもうんざりし、
自然に生活圏が徒歩圏内に限定されていった。

美味しいものを食べたいとは思っても、
行きや帰りにトラブルに遭ったのでは台無しなので。


なお、タクシー以外でも
刃物を振り回して走っていく男を
コンドミニアムを出てすぐに見かけたり、
友人が強盗に遭遇したりもしていて、
治安も決して良くはないことをしばしば感じた。



生活が退屈に


初めての海外生活ということで、
マレーシアに移住した当時は日々が刺激に満ちていた。

学ぶことも多かったのだが、
2年も住んでいれば新しい出来事はそうそうなく、
毎日が昨日の焼き直しになっていった。

せっかくMM2Hビザも取ったし、
別の街に住むことも想定して
マラッカ、クアラルンプール、ペナン、イポーといった
主要都市への視察も行った。

しかし、1年単位で住んでみたいと思える街は見つからなかった。


マレーシアに来たことが失敗だったとは思わないし、
後悔もしていない。

そもそも永住するつもりで来たわけでもなかった。

そこで次のステップとして、
フィリピンに住むことにした。

マニラを選んだのは、
発展の勢いが著しい街に身を置いてみたたかったのと、
ビザの取りやすさが決め手だった。

こうしてマレーシア生活は2年で切り上げることになった。


海外に移住するのは本当に難しいのか?

日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ




よく読まれている記事