電子書籍プレゼント

マレーシア移住・ビザの取得が難しくなるかもしれない




マレーシアにはMM2Hという永住権に近いビザがある。

これまでは50歳未満なら約900万円(30万リンギット)、
50歳以上なら約600万円(20万リンギット)を
マレーシア国内の定期預金に入れれば
取得できるというものだった。

世界的に見ても、
フィリピン以外ではトップクラスで簡単に取れるビザになる。



ただ、この条件が変わる可能性が出てきた。

モハメド・ナズル観光文化相が、
質の高い申請者を確保するためにハードルを上げて、
定期預金額を200万リンギット(約6000万円)にするべきと発言した。

最初は桁を間違っているのかと思ったが、
そういうわけではないらしい。

900万円から6000万円とは一気にハードルが上がるが、
他の国と比べれば特別に高い水準ではない。

むしろ、これまでのハードルが低すぎたとも考えられる。



MM2Hが取れないということは、
マレーシアに移住するのが困難になるということ。

ビザなしでも1年程度なら住めるが、
それ以降は入国が難しくなる。

さらに言えば、ビザの要件が厳しくなれば、
この1年はビザなしで大丈夫という状況自体が
見直されることもありえる。


これまでにMM2H取得者は2万人を越え、
2012年だけでも3200人以上だったという。

前年比では約35%。

そろそろマレーシア政府も外国人の受け入れに
慎重な姿勢に方向転換する頃かもしれない。



タイ、香港、マカオ、オーストラリア、カナダ・・・。

各国がこの数年の間にビザのハードルを大きく上げた。

十分に外国人を誘致できたら、
後は一部の大富豪以外は受け入れるメリットがなくなる。

マレーシアも、その段階が近づいているのかもしれない。



私はMM2Hをすでに取得したので関係ないし、
この件がなくてもマレーシアよりフィリピンの方が
移住先としては魅力があると思っている。

これは両方の国に住んでみての結論なのだが、
それぞれの国を比較した話もいずれできればと思う。



MM2Hの申請受理が停止したという話

私がMM2Hを取得した時にサポートしてもらったエージェントによると、
先月から新規でMM2Hを申請した場合の
移民局側の受理手続きが停止しているということ。

これは公式にMM2Hの募集終了を意味するのではなく、
あくまでも一時的に手続きが滞っているだけ。

ただし、復旧の目処は立っていないということで、
このあたりはマレーシアらしい適当さ。

新興国においてはありがちなことで、
残念ながらいつでも順調に手続きが進み、
妥当な期間で取得できるわけではない。

これはフィリピンの永住権でも同じ現象が確認できており、
数ヶ月手続きが停止したまま放置されたり、
ひどい場合にはすでに終わった面接がやり直しになって
再度渡航しなければいけなかった事例も耳にした。

残念ながら、新興国の役所のレベルはこの程度なので、
その点は割り切ってビザを取得するしかないだろう。

個人的には、そんな役所との関わることのストレスを
最小限に押さえて本業に集中したいので、
ビザ取得はエージェントにサポートしてもらった。


本当のところを明かすと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ