メガファウナの絶滅に見る人間と生物の共存


オーストラリアやニューギニアには、かつてメガファウナという大型の動物がいたと言われている。

体重が200㎏近くにもなる、飛ぶことが出来ないダチョウにも似た鳥がいたりとか、或いは重さが1tにも及ぶ巨大なトカゲ、或いは巨大なニシキヘビ。

陸に住んでいるワニなど、様々な大型の爬虫類であったり或いは肉食性の有袋類等。

日本で古来から伝わる鵺(ぬえ)のようだが、メガファウナは科学的にも実在したとされている動物であって、冗談や民話上の生き物ではない。


いま現在では絶滅してしまって、オーストラリアにはもちろん、地球上に存在しなくなってしまったが、同様の道を現在もリアルタイムで様々な生物がたどっている。

こういったことは文化人類学であるとか、考古学等の様々な研究から明らかにされているが、このメガファウナの絶滅は、人類がオーストラリア等に移住した時期と重なっているとされている。

いま現在で大型動物が生息している場所といえば何といってもアフリカが有名だが、かつてオーストラリア等にもメガファウナと呼ばれている一連の大型動物というのは居た。

アジアにはサイやゾウ、或いはトラといった動物がいま現在、数は少ないながらも存在しているし、或いはヨーロッパにもヘラジカであるとかクマなどがいま現在も希少種にはなりながらも若干数、生息はしている。

種が途切れてしまったメガファウナに限らず大型動物というのは元々世界各地にいたものの、人間が住んでいるところに関して言えば数が激減したり、もしくは絶滅したりしてしまっている。

こういった自然界への影響というのを危惧する声というのは最近になって始まったことではなくて、かつてから各地で起こっていることではあるし、いわゆる知識人の層の間では定説ともなっている。



ドッグショーが犬の健康を損ねる!?


動物の絶滅や迫害は、いまだ有効な対策が見出されていない。

イギリスのドキュメンタリー番組によると、ドッグショーによって犬の品種改良がどんどん進み、それによって犬の脊椎の彎曲であるとか、心臓病の罹患率の高まりとかそのような健康上の問題が生じている。

それに対して科学的なエビデンスが出ているが、イギリスの有力団体であるケンネルハウスはそういったデータに対して否定的な声明を出しているなど、なかなか動物の保護というのは進んでいない現状が報告されている。

品種改良によって犬や猫の健康が損なわれているというのは、もはや公然の秘密とでもいうべきことで、しかしながらケンネル協会のような社会的にも影響があり、ブリーダーやペットの飼い主に対して強い影響を及ぼすことが出来る団体も、自分たちの利権にとって不利なことは認めようとはしないという人類がこれまで散々行ってきた過ちを繰り返している。

細菌や虫であれば、こういった人間の影響を直接的には受けずに生息していくことが出来るが、ある程度の大きさの動物であればそういったことは出来ないし、メガファウナのような大型動物であれば人間にとっても遭遇すると危険ということで狩猟の対象にされていたりする。

その一方で、アメリカやオーストラリアの一部の地域は野生公園になっていて、人間よりも動物や植物の保護を優先していたり、そういった国立公園が存在していたりもするので、そこら辺にも今後の自然との共生というテーマにおけるヒントの一端が見いだせるのかもしれない。

もっとも、そうした人間にとって大規模な環境を提供しても、種の保存の観点から見れば小さな箱庭でしかないという事実もあるが。

最近は居住環境という部分で世界の様々なところに興味を持っているが、結局のところ自然との調和というテーマがクリアできていない街というのは、やはり魅力に限界がある。

そこを突き抜けるためには、いかに動植物と上手く共存していくかを考えていくことが必須となっているのかもしれない。



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ