マレーシアのMM2Hの基準がとりあえず維持




最低預金額が約6,000万円に引き上げられるとか、
不穏な噂が絶えないマレーシアのMM2Hビザ。

とりあえず、ナズリ観光相によると
現時点での引き上げはないとのこと。

もっとも、今後については保証していないので、
ただ単に現段階ではというだけの話。



私の場合、すでにMM2Hを取得しているので、
仮に基準額が引き上げられてもすぐに影響を受けるわけではない。

ただ、10年ごとに更新のビザなので、
更新の際に新しい基準額での預金を求められる可能性はある。


仮にその額が6,000万円なら、
マレーシアに住む権利を得るために払う価値はない。

そもそも7,000万円でEUの居住権を得られるのに、
マレーシアが6,000万円なら切り捨てて終わり。



こうした意味で、最低預金額の引き上げには注目している。


個人的にはMM2Hは保険程度にしか思っていないし、
フィリピンのクオータービザのほうが権利として強固なので、
すでにいまいち興味を失っている。

正直、MM2Hを取る必要自体がなかった気もする。

永住権であるクオータービザという強い権利があれば、
あえてリタイアメントビザのMM2Hは要らないのではないかと。



ちなみに、今のところMM2Hは22,000人以上が取得し、
日本人はその中でも2位で2,880人が取得済み。

その中に私も入っていることになる。


最も多くMM2Hを取得しているのは中国。

もともとマレーシアには華僑系が多いので、
彼らにとっては抵抗がないのだろう。

中国語もかなり通じる国だし。


これまでの通算で22カ国の国民がMM2Hを取得したということだが、
意外に少ないような気もする。



最低預金額の動向について大臣が発言することからも、
遠からぬ未来に値上げすることの示唆なのだろうし、
そうなれば日本人の移住先人気ランキングも変わることになる。

マレーシアが手の届かない国になるのは、
案外先の話ではないのかもしれない。


個人的にはイカン・アサム・ペダスやカンクン・ブラチャン等の
マレー料理にもうんざりしているし、
別にMM2Hを放棄してもいいとも思っている。

モントキアラのコンドミニアムも視察したが、
住みたいと思うほど環境が良くなかった。

世界にはもっと価値のあるビザがあるし、
30万リンギットの定期預金すらも
むだに感じ始めているぐらいなので。



秘密の話

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。

メールアドレス

よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:【無料】海外移住オンラインセミナー

3位:お茶会・食事会のお知らせ















本当に伝えたかったこと


メールアドレス
取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ