電子書籍プレゼント

セブ島の居酒屋のんき、鉄板焼きのんき、リトルのんき巡り



初めて居酒屋のんきを訪れたのは、セブ島在住の友人に連れられてランチに行った時のことだった。

セブシティ側とマクタン島側の両方に居酒屋のんきはあるが、最初に訪れたのは、セブシティのASフォーチュナーストリートにある店で、近くにはJセンターモールがある。

階段を上って店に入るようになっていて、刺身とマーボー丼とか、刺身とすき焼きセットとか、刺身と牛鉄板焼きセットとか、日本人の感覚からすると繊細ではないが、シンプルに美味しいものと美味しいものを組み合わせた下町の食卓のような雰囲気があり、凝ってはいないものの、セブ島に住み始めたら日常的に使いたい店だと感じた。






あの時はまだセブに移住してくるかどうかは決まっていなかったが、実際にセブ島で生活を始めたから、たびたび居酒屋のんきを訪れている。

また以前は、マクタン島に宿泊をしていた時、空港近くにある居酒屋のんきにも頻繁に通っていた。

そしてセブシティにも、居酒屋のんきの近くにあるJセンターモールというショッピングモールで買物をしてから、徒歩1分ほどの距離なので居酒屋のんきに寄って食事をして帰ろうかと思っていたら、南国特有のスコールが降り始めて、とてもではないが徒歩で移動できる状態ではなくなってしまった。

通常であれば歩いて1分ほどとはいえ、この雨の中ではびしょ濡れになってしまうし、タクシーで行ったとしても階段の部分には屋根がないので、その段階でかなり濡れてしまうことが予期できた。

さらに言えば、買ったものもびしょ濡れになってしまうし、さすがに大粒の雨が地面を叩きつけている様子を見ると、外に出ていく気力が削がれる。

ということで、Jセンターモールの中で何か食べて時間を潰そうと思っていたら、実はここに「鉄板焼きのんき」があることを発見した。


「鉄板焼きのんき」へ


この店の発見は単なる偶然で、事前に調べていたわけではなかったがラッキーだった。

その名の通り鉄板焼きがメインになっているが、一部のメニューは居酒屋のんきと共通していて、単純にメニューの数で言うと鉄板焼きのんきの方がかなり少ない。

鉄板焼きの味自体はごく普通だったし、個人的には居酒屋のんきの方が食べたいメニューも多くて、そちらの方が価値が高いと感じた。


リトルのんきも発見

昨日はリトルのんきにも行ってきたが、こちらはフィリピン有数の財閥であるシューマートの中に入っている。

と言っても、シューマート自体はセブ島だけでもいくつもあり、その中でも昨日訪れたのはセブシティにあるシティセブ支店で、ベイフロントホテルの近く。

他にもRadisson Blu Cebuに近いので、そこら辺が分かりやすい目印となるが、アヤラモールからもタクシーで10分とかからない距離だった。

ここの地上階にリトルのんきは入っていて、メニューはほぼ居酒屋のんきと同じ物が使われている。

リトルという名前が付いているぐらいなので、かなり簡素なメニューしかないのかもしれないと思っていたし、あるいは価格帯と質を落としているのではないかと予想していたが、意外とそんなこともなく、こちらの方が自宅からは近いので、今後もちょくちょく訪れることになるかもしれない。

どういうわけなのか、セブを代表するアヤラモールの中には美味しい和食レストランが見つからず、トンカツ専門店はあるものの、和食全般を取り扱うような日本食レストランがないので、それ以外の場所に和食を食べに行くことになる。

その中でも、日常的な味を楽しみたいということで言うと、居酒屋のんきやリトルのんきは、かなり重宝している。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ