電子書籍プレゼント

ニューヨークのMOMA(近代美術館)に行ってきた




先日のメトロポリタン美術館に続いて、ニューヨークでMOMA(近代美術館)に行ってみることにした。

MOMAは大規模な施設であるということと、展示数が多いと聞いていたので、開館時間からあまり間があかないうちに行くことにした。

10時半に開くということなので、さすがにその前に行くのもなんだったので、11時頃に到着して、それからチケットを購入し中に入ることにしたが、到着時には眼を見張るほど混み合っていて、行列が3桁以上の人数になってしまっていた。

おそらく、10分か15分ほど待っていたと思うが、ようやくチケットを購入して中に入ることができた。

無料でオーディオの貸出をしていたので、それを借りようと思ったら、パスポート以外のIDが必要ということで、運転免許証等がないと借りられないということだった。

ホテルに戻ればあるものの、さすがにそれも面倒なので、そのまま何も持たずに上がることにした。

今回は特設展がやっていて、それが12時から始まる回のチケットをもらった。

というのも、チケットを購入した時間ごとに特設展に入る時間が制限されているため。

とりあえずはメインである5階、4階を先に回ろうと思い、5階から訪れることにした。

早々にゴッホの絵がいくつか見つかり、目当ての星月夜とも対面できた。

星月夜の前でしばらく立ち尽くした後、今度はゴーギャンやセザンヌ、ダリやクリムトの絵画を見ることができた。

個人的にはこの5階の鑑賞がハイライトで、それが終わってから6階に一度上がり、さらっと見てきた後で、今度は4階から3階、2階と下っていった。

そして、気が付いてみると、約2時間半ほどで全て見終わり、そしてもう一度5階に戻ってから、ゴッホとクリムトの絵をしばらく見てから美術館を後にすることにした。

今回、丸一日閉館までMOMAにいる予定だったので、かなり予定が狂ってしまったが、それでも十分に楽しむことができたし個人的にはゴッホと、ダリとクリムトだけでも十分に見る価値があったと思う。

メトロポリタン美術館よりも、ひょっとしたら大きいのかもしれないと、展示数を見て思ったが、実際にはそうでもなく、表に出ているものだけで言うと、圧倒的にメトロポリタン美術館の方が規模は大きかった。


美術館の後は公園へ

MOMAを後にしてからさらに北上して、セントラルパークに行くことにした。

その前に、ちょっとロックフェラーセンターも見て、昼間のタイムズスクエアも見てから、ブロードウェイ界隈を歩き、再びMOMAの近くを通って、セントラルパークに到着した。

こちらは非常に緑豊かで、静かな場所になっている。

ニューヨークのマンハッタン島の真っ只中とはとても思えないほど。

MOMAやセントラルパークに来ると、アメリカ移住が真剣に頭をよぎるが、治安や住環境を考えるとやはり却下だろう。

セントラルパークにはリスも多く生息していて、カナダでもこれだけリスが密集している場所を見たことがないほど。

結婚式後なのか、花嫁衣裳と花婿衣装を着たカップルを見かけたり、チェロやバイオリンを演奏している奏者がいたりして、セントラルパークはニューヨークの中でもかなり独特なのんびりとした時間の流れが発見できる場所だった。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ