電子書籍プレゼント

ハイシーズンのアイルランドの週末はホテル探しに苦労する



7月から月が明けて8月になって、アイルランドの各ホテルとても予約が増えている。

実際問題として、アゴダやHotels.comを見ても、満室のホテルが非常に多いため、空室を探すのが大変になってきた。

さらに言うと、自分がチェックインするホテルに、飛び込みでやってきた人が宿泊を断られるシーンを目にする機会もたびたびある。

バックパッカーと思われる人が、いくつものホテルやホステルを転々としながら、なかなか泊まるところを見つけられず、かなりくたびれた様子であるところも見かけた。

彼らがアイルランド人なのか、外国人なのかはひと目では分からないが、ヨーロッパの人であることは間違いなさそうで、それなりに情報も事前に集められそうだが、かなり困っている様子だった。

ハイシーズンはどうしても旅行者で混みあうので、宿泊する場所がないことがあるし、ましてや週末になるとますます人が増えてくるので、こういった傾向は顕著になる。

今後8月にかけてポルトガル等にも行くので、これらの国でもホテルの稼働状況のチェックをしようと思うが、ひとまずアイルランドにおいては、ハイシーズンの週末は、宿泊場所を探すのがだいぶ大変ということがわかった。

私も飛び込みでB&Bの予約状況等を確認してみたが、翌日や翌々日ぐらいだと、もういっぱいになっていることが多い。

週末に至っては、泊まれるところを探すことができず、結局agodaで他のホテルを探すことにした。

こうして考えてみると、パソコンやスマホ等を持たずに旅をしていた昔のような状態であれば、とりあえずホテルの多い場所に行って、そこで実際に探す流れになるので、そういったスタイルだとこの時期は苦労したことだろう。



ハイシーズンは本当に旅行に向いているのか?

アイルランドのようなヨーロッパでも北側にある国であれば、多少歩いても汗をかかない程度に涼しいのでいいものの、それ以外の大部分のヨーロッパの国々は、8月にもなれば最高気温は30度前後になるので、歩いていれば相当暑い。

その中で荷物を背負って、もしくはスーツケースを引いて歩くのは、かなり体力を消耗するわけだし、精神的にも参る。

こう考えてみると、旅行に最適とされるヨーロッパの夏の時期ではあるが、本当に最適であるのかは疑いの余地がある。

快適に旅をすることを考えれば、ホテルを見つけやすいことも自ずと条件になってくるわけだし、当然ながらハイシーズンは宿泊料も上がる。

それであれば、むしろもっと快適な気温である春とか秋の方がいいのではないかとすら思っている。

ただし、ダブリンは真夏であっても朝晩は肌寒いくらいなので、ましてやこれが4月とか、あるいは10月といった時期になれば、だいぶ寒くなってくるはず。

こうして考えてみると、北ヨーロッパに関して言えば、確かに夏は良い時期。

それに対して、南欧と呼ばれるほどではなくても、それなりに南に位置しているフランスやドイツのような国については、春か秋が個人的にはベストシーズンなのではないかと思っているし、その辺は今後の予定を立てる際にも、考慮していきたいと思う。

こういったことも現地入りしてみないとなかなかわからないし、皮膚感覚で理解することができたのは収穫だった。


最後に

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ