電子書籍プレゼント

フィリピンの株式に手を出さないできた理由


フィリピンの株式市場において高値が相次ぎ、市場最高値を更新したというニュースが入ってきた。

実は私の知人の投資会社が、フィリピンの株式の情報サービスを配信するという話も、1年ほど前に受けていたので、その時に始めてみてはどうかということで勧められたこともある。

しかしながら、私は一貫してフィリピンにおいて、株式投資はしないできた。

確かにこれまでの市場を見てもとても顕著な推移をしているし、通貨として今後強くなっていくであろうペソを持つこと自体は、優れた選択ではないかと思う。

その一方で、私が株式に手を出してこなかった理由は単純で、まず一つ目は管理の手間がかかるということ。

当然ながら株式を購入するということであれば、証券会社に口座を持ったり、それを管理することになるので、その手続きが面倒だったことがある。

さらに言えば、フィリピンの個別の企業の株式を持つのではなくて、基本的にETFやインデックスに対する投資信託とか、そういったものを購入することになるので、これであれば元々持っているフレンズプロビデントの長期積立保険で対応することが可能。

確かにフィリピンであれば、不動産関係のアヤラやメガワールド、あるいはフェデラルランドなどの一部の企業の名前はわかるし、不動産投資をしている関係で、そういったところの動向には普段から注目しているが、それ以外はシューマートとか、有名どころしか馴染みもないので、あえて個別銘柄を買う理由はない。

そして、私自身があまり株式投資に対して、良い印象を持っていないというのも理由の一つにある。

以前には日本国内においてTOPIXに連動するETFや、世界中の債権の値動きに連動するETFを購入したことがあるが、結局のところ投機的な意味合いが拭いきれなかった。

フィリピンにおいては他の投資もすでにしているので、これ以上ペソに資産が集中することも、あまり望ましい傾向ではないので、株式市場に参入しないという判断をした。


カンボジアの株式は見送って正解だった

同じく東南アジアのカンボジアでも株式投資をしようかと思ったことがあるが、こちらは市場が開く時期が遅れに遅れた。

加えて、水道関係等の2社しか当初は上場できず、その後も常に10社以上が今にも上場しそうなことを言いながらも、告知通りにスムーズに運んだ試しがなく、そういったグダグダ感からカンボジアの株式への投資を取りやめにした。

ある意味で言うと、お金は仮想現実のようなところがあって、金本位制でもなくなった今となっては、現金や預金に実態があるのかというと、かなり怪しいところがある。

まして、株式に至っては、会社の持ち分という非常に曖昧なもので、いつ消えてもおかしくないものなので、そういったものに投資をするよりは、実体経済の中にある不動産等の資産をある程度固めていこうというのが、今現在の方針。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ