電子書籍プレゼント

ドバイの不動産にチャンスはあるのか


これまでドバイは、もうすでに不動産価格が高騰しきっていて、投資をする環境としては不適切だと思っていた。

しかしながら実態としては意外にそうでもないらしく、コンドミニアムであれば、50㎡で30万ドル以下とか、そのくらいの金額で購入できるところもあるという。

すでにアセアン諸国の不動産価格は高騰し、一等地に関しては、この物件よりも高くなっているところも多々あるので、そう考えてみると、十分に検討する価値があるのかもしれない。

元々が砂漠の中に作られた人口都市なので、住み心地にも限りがあるし、季節によっては気温が40度以上になってしまうので、そういった意味でも穏やかに生活できるとは言い難いところがある。

しかしながら、中東のお金が集まる場所であることや、あるいは2020年に万博が行われることは確実に追い風になっていく。

ヨーロッパに行く際にドバイ経由で行くこともできるので、その流れで不動産を見に行ってみるのもいいのかもしれない。

今現在、ドバイで投資をすると言っても、信頼できる不動産会社から探さなければいけないので、性急に行おうとは思っていないし、どちらかと言うと、今後のために様子を見ておきたいという程度の距離感でいる。


着眼点を増やすために

ヨーロッパを始めとした先進国は、明らかな伸び悩みに直面している。

その一方で、ドバイとは全く違う経歴を経ている場所なわけなので、そういったところを見ておくのは、今後の世界の変わり方を予想していく上で、大きなプラスになるのではないかと思う。

色々なところを実際に自分の目で見てみるのは大きな体験価値となるし、これはただ単にネット上でニュースを見るとか、あるいは本を読むとか、そういった情報収集だけを通して得られるものではない。

現地に行って感じる人々の熱気とか、商品購入の時の様子とか、あるいはスーパーやコンビニなどに入ってみて感じる物価とか、色々ことを1日や2日の滞在であっても感じ取ることができるので、多くの国を周ってみるのは、とても価値のあること。

中東というと、なかなか今まで縁がなかったし、かつてギリシャから日本に飛ぶ際に、カタールのドーハにトランジットで寄ったことはあったものの、空港から出ることができなかったので、実際に町を見ることができなかった。

空港のトイレと併設されて、祈りのための部屋があったことが印象に残っているとか、あるいは中東のターバンを巻いた人を見かける頻度が高かったとか、そのくらいの記憶しかない。

今度は改めて時間を取って、ドバイやその周辺国に行ってみると、また世界の中でこれまで見てきた国とは違う思想や原理で動いている人々を実感できるかもしれない。


伝えるのが難しいこと

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?


本当はすべてあなた自身が決めていいことなのに、
現実の世界ではそれが許されない。


このブログを通して伝えたかったのは、
自由に生きるための具体的な方法。


しかし、断片的に情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。


そこで無料で学べる場としてメール講座を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。






この記事に関連する記事一覧

取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵

「旅をするように暮らしたい」

そんな思いで2011年に
下見なしで海外移住後、
フィリピンとマレーシアで
コンドミニアムを借りて住む。

その後、
今後の移住先候補の視察のため、
各国を周り住環境の研究をしながら
2年9ヶ月のホテル暮らし。

1年間の台湾生活を経て、
現在はタイでの暮らしを満喫中。

フィリピン永住権と
マレーシアのリタイアメントビザ、
タイランドエリートを取得済み。

8カ国に資産分散。

伊田武蔵の変人疑惑

伊田のこれまで

経歴

カテゴリー
サイト内検索
人気記事