電子書籍プレゼント


『「いつか海外に住みたい」を
手の届く現実にするための本』を
無料で応募者全員にプレゼント中
(応募後1分以内に電子書籍をお届け)
>>こちらをクリックして応募をどうぞ

フィリピンのクオータービザの更新手続きの費用



フィリピンのクオータービザを取得した場合、
毎年の更新費用(アニュアルレポートの料金)がかかる。

と言っても、
これは310ペソなので1,000円にもならない。

ほとんど負担にならない金額だ。

正確には更新費用ではなく、
レポートを提出する際に支払うお金ということ。

金額は小さいのだが、
問題は毎年フィリピンで納めなくてはならないのかということ。

クオータービザを取ったからといって、
ずっとフィリピンに住むとは限らない。

私は各国を転々とする予定なので、
自分で来なくてはならないのは不便だ。

これについて専門の業者に確認したところ、
業者の方で代行してくれるらしい。

毎年、この費用は1月と2月に支払う必要があるが、
その期間に向こうから連絡をしてくれて、
必要な金額を振り込むことで
フィリピン国外にいても手続きを済ませられる。

2ヶ月の間にフィリピンを訪れる必要があるとなると
クオータービザを取ることで不自由になってしまうが、
そうした心配は要らなかったようだ。

このアニュアルレポートの手続は
マニラ以外の移民局の支部でも行える。

たとえば、セブでも可能。

この場合、J Centerモール内に
移民局があるため、
タクシーで場所を指定するのも簡単。

アジアにいる時は遊びも兼ねて現地へ行き、
その時期にヨーロッパ等にいる時は
代行を頼むことも考えている。

ちなみに、同じく永住権の性質を持つSRRV(退職者ビザ)は
毎年の更新費用に360USドルかかる。

こちらは年に4万円弱かかるので、
取得時のコストを抑えられても
結局は高額になってしまう。

毎年かかる費用についても考えておかないと、
後から見た時に予想していたのとまったく違うコストが
かかってしまうことになりかねない。

この更新費用の面でもSRRVよりクオータービザの方が
大きく勝っていると言える。

こうして各条件を比べて行くと、
やはりクオータービザを取るほうが
SRRVを取るよりも有利な点が多い。

どちらを選ぶかは、すでに気持ちが固まりつつある。

永住権取得記念!
フィリピン・ビザ取得レポートを
期間限定で無料プレゼント中!


海外に移住するのは本当に難しいのか?

日本を出て海外に住むようになってから
「海外に移住したい」という話をよく聞くようになった。

同時に、

「英語が苦手で・・・」

「海外での部屋選びで失敗しないか不安」

「他の国での生活を想像できない」

「下見で何を確認したらいいか分からない」

「移住後の仕事やお金が問題」

等々の様々な不安や悩みも耳にする。

そこで、10年以上海外で暮らし、
4ヵ国に住んできた経験を凝縮した電子書籍、
『「いつか海外に住みたい」を手の届く現実にするための本』
を無料でプレゼント
することにした。

電子書籍の目次等も掲載しているので、
プレゼントページへどうぞ




よく読まれている記事