電子書籍プレゼント

マレーシアの国産車、プロトン



マレーシアには国産車がある。

プロトンというメーカーだが、
これを保護するために外車には
高い関税が課せられる。

そのため、日本車であれば
日本国内の倍程度の価格になることも。

元々はマハティール首相がの肝いりで作られ、
いわば国策会社としての成り立ちが背景にある。

設立時には、三菱自動車も合弁会社のパートナーだった。



このプロトン、見た目には決して悪くない。

明らかに雑なデザインとか、
古臭いということはない。


マレーシアの場合、トヨタや日産を中心に
日本車も数多く走っているし、
ベンツやBMW、アウディ等も多い。

その中でプロトンを見ても、
大きく見劣りするわけでもない。

乗っていて恥ずかしいとか、時代錯誤とか、
お金がないのが一目瞭然とか、
そういう感じはしない。



ただし、性能は悪いらしい。

関税で保護されているだけあって、
外車よりはるかに安いものの、
2、3年で問題が起きることが多く、
結局は安くない買い物になることもあるという。

そのため、何年も乗れる外車(日本車も含めて)を買う
マレーシア人が多いそうだ。

特に車関係の仕事に就いている人にこの傾向があるので、
プロトンの信用力の低さが伺える。


マレーシア人自身がそう思っているぐらいなので、
やはり性能面では
まだまだな部分があるのだろうが、
新興国の技術が伸びているのは間違いない。

何しろ、見た目には外車と分からない車が
普通に走っているのだから。

もっと性能が上がっていけば、
やがて日本車のライバルになる日が
来るかもしれない。


もっとも、マレーシアのプロトンが来る前に、
中国やインド車の脅威の方が大きくなりそうだが。

また、プロトンは内向きな経営方針で、
ASEAN内で積極的にシェアを取り入れる姿勢ではなく、
あくまでマレーシア内で販売していく方針。

せっかくASEANが経済統合されている中、
ビジネスチャンスを棒に振っているようにも思えるが、
そもそも性能面での課題を相変わらず抱えたままなので
国内を中心にするのはやむをえないのかもしれない。

個人的には、新興国の空気の悪さにはうんざりなので、
車の台数を減らしてエコカー中心にしてほしい。

そのために税金を現在の2倍、3倍にしてもかまわない。



大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





よく読まれている記事

1位:パワハラ・リストラからの人生逆転

2位:海外移住の電子書籍を無料プレゼント中

3位:お茶会・食事会のお知らせ








本当に伝えたかったこと





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事
電子書籍プレゼント

ページの先頭へ