電子書籍プレゼント

ルーマニア、シギショアラからシビウへの行き方



ルーマニアのトランシルバニア地方の移動として、ブラショフからシギショアラ、そしてシビウへと渡り歩いてきた。

当初はシギショアラから直接アラドに行こうかと思っていたが、そうすると1回の移動時間がかなり長くなってしまうので、途中にあるシビウに寄ることにした。

4時間ほど前に到着したばかりだが、立ち寄るだけの価値はあると今のところ感じている。

今日の夕食を済ませてきた洞窟風のレストランは、店員さんの感じもよく、味もルーマニアにしてはそこそこ美味しかった。

そして洞窟のレストランは煙草の煙がこもりそうだが、灰皿を設置されていないところを見ると、禁煙だったらしい。

久しぶりにたばこ臭くない環境で、食事をゆっくり楽しむことができた。

それはそれとして、シギショアラからシビウへの行き方だが、私は鉄道を使用した。

相変わらずながら、ルーマニアの鉄道は異常に走行速度が遅く、今回は11時17分にシギショアラを出発して、コプシャミカという町に12時32分に到着し、12分間の待ち時間を経た後で、コプシャミカからシビウに移動をし、13時50分に到着する便に乗った。

これ以外にも何本かあったものの、基本的には乗り換えが必要になって、乗り換え時間が1時間以上の便もあり、この11時17分発のものを狙っていったが、思いのほかFronius Residenceを離れるのが遅くなってしまい、危なく乗り遅れるところだった。

1本逃すと、13時台の到着から15時台への到着へと2時間も遅れてしまうので、それは避けたいところだったし、間に合ってほっとした。

先日のブラショフからシギショアラに来た鉄道がガラガラだったのに対し、シギショアラからコプシャミカに移動する電車はそこそこ混んでいて、80%ぐらいの席は埋まっていた。

さらに言うと、コプシャミカが近づいてきたところで、伝統衣装に身を包んだ妙にテンションの高い一団が乗り込んできて、7〜8人の団体客だったこともあり、突然車内が騒がしくなった。

それにしても参ったのは、どうやらコプシャミカに行く途中で遅れたらしく、12時32分の到着予定だったが、37分頃になってもそれらしい駅名のところが出て来ず、もしかしたらすでに通り過ぎてしまったのではないかという不安が胸をよぎった。

車掌がやってきたので確認してみるとまだ先だと言うが、次に問題となるのは、コプシャミカからシビウ行きの列車が、ちゃんと接続のために待ってくれているかどうかが不明ということ。

普通であれば大丈夫そうなものではあるが、ルーマニアでそういった常識が通用する確信は持てない。

20分ほど遅れて到着したら、結果としてはコプシャミカの駅でシビウ行きの列車が待っていた。

慌てて列車を降りて、べこんべこんとへこむ板の上を歩いてシビウ行きの列車に乗り換えた。

間もなくそれぞれの列車は出発し、予定より20分ほど遅れてシビウ駅に到着した。

シビウ駅の近くには類似した名称の駅がいくつかあって、おそらく東シビウとか、そういった意味ではないかと思うが、そういったものを見てフライングで危うく降りてしまうところだった。

逆にシビウ駅はたくさんの人が下りるので、そこが主要駅であることは簡単にうかがえたし、おそらく目的地であろうとは思ったものの、目立つところに駅名の表示がなかった。

結局降りる人の1人に聞いてみて、そこがシビウだということだったので、そこで降りた。

私が予約していたホテルは旧市街の中にあって、途中は若干の上り坂になるのと、一部の道は石畳の目が粗いので、スーツケースを引きずって歩くのは少々気が重いところもあった。

ルーマニアはとてもタクシー代が安いとはいえ、トラブルの可能性を考えると、極力使いたくないという思いもあり徒歩で済ませたが、タクシーで中心部まで行くのも、路面の事情を考えると有りかもしれない。


大切なことを

どんな仕事をするか、どこに住むか、誰と付き合うか?

本当はすべてあなた自身が決めることなのに、
現実の世界ではそれが許されない。

このブログを通して私が伝えたかったのは、
自由に生きるための方法。

しかし、断片的な情報が散らばるブログでは
限界があるのも事実。

そこで無料で学べる場を作ったので、
詳しくは以下の案内をどうぞ。





取扱い上の注意
執筆者、伊田武蔵
伊田のこれまで
カテゴリー
人気記事

ページの先頭へ